テレワークとは?政府が掲げる「働き方改革」の一端を担う!
政府が掲げる「働き方改革」の一端を担うテレワークという働き方。
テレワークとはネットなどのITを活用して自宅などの会社以外で働くことを意味しています。

子育て中の人や介護をしている人でも離職することなく働き続けることができるとされています。
女性の活躍や介護離職が注目されている中、テレワークは働き方の一端となるのでしょうか。

テレワークとは何か

テレワークとは?政府が掲げる「働き方改革」の一端を担う!についてのイラスト テレワークとはインターネットなどのICT技術を活用した比較的新しい働き方です。
自宅を始め、カフェやサテライトオフィスで働くことを意味しています。


ネット環境があればどこでも働くことができ、子育て中の人や介護をしている人などにとって仕事を離職することなく働き続けることができるメリットがあります。

テレワークを取り入れている企業では週に何日か会社に出勤する他は自宅など会社以外の場所での勤務を認めています。

そのため出勤する用がない時には時間に余裕があり、比較的落ち着いている時間に仕事を進めることができるとのことで好評のようです。

一方、仕事に集中できる環境がない場合にはだらだらとしてしまい効率が上がらない場合もあり、デメリットにもなっています。

働き方改革の一端を担うテレワーク

政府が掲げている「働き方改革」ですが、慢性的に行われている長時間労働などの是正に向けて行われています。
また正社員と非正規社員の待遇の差なども大きな問題となっており、改善が求められていることも背景にあります。

テレワークでは柔軟な働き方ができます。
子育て中の人、介護をしている人、障害を持っている人などその人に合わせた働き方ができるようになります。

これは日本のICT技術の発展が大きく関与しています。

特に待機児童の問題、介護離職の問題に関しての解決策にもつながるとされています。
保育園に入園できない場合でも自宅で子育てをしながら仕事を行うことができる、介護をしている場合でも空き時間で効率よく仕事をすることができる、そして退職をする必要がないということが政府の求める働き方改革の一つになります。

メリットとデメリットを理解することが必要

テレワークによる働き方改革ではメリットが多くあります。
しかしいつでもどこでも仕事ができることはメリットでもあり、逆にデメリットにもなることを理解しておきましょう。

いつでもどこでも働くことができるということは反対にいつでも仕事をしなければならないということにもなります。

テレワークをする場合には仕事をする時間を持つことができる人ではないともしかしたら夜も仕事をしなければならないなど出勤しているよりも負担が大きくなってしまうこともあります。

自分自身のライフスタイルに合わせた働き方ができることはとても良いことですが、しっかりと見極めていくことが求められます。


2016年10月26日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop