在宅医療おいてチーム医療の重要性を再確認する!
在宅医療にはチーム医療が不可欠です。
医師や看護師などの医療と介護の連携を取ることで在宅生活を送る要介護者とその家族が安心して暮らすことができます。

また在宅生活では重度化を防止する取り組みも必要不可欠であり、リハビリとの連携も重要になってきます。

そのためお互いに定期的にカンファレンスを開催し、情報を共有することが求められています。

介護に必要なチームケアとは

在宅医療おいてチーム医療の重要性を再確認する!についてのイラスト 在宅や介護施設で生活している要介護者にとって必要な職種は介護職だけではありません。

介護職は日常生活のサポートを行っています。要介護者の最も身近にいる存在になります。

しかし介護職は医療に関する支援には関わることができません。

なぜチームでの関わりが必要なのでしょうか。

介護を始め要介護者に関わる職種は異なる専門性を持ちながら要介護者を始め家族などを支えています。
そして持っている専門性を発揮し、要介護者の自立支援に向けて関わっています。

介護職は要介護者の「いつも」を理解しています。

そのため日常を知っている介護職が「いつもと違う」何かに気が付いた時に看護や他の職種と連携することで要介護者の些細な変化に対応することもできます。

在宅医療におけるチーム医療の重要性

在宅生活を送る要介護者とその家族

在宅生活を支えているのは医師や歯科医師、看護師などの医療関係者を始め、介護支援専門員や介護サービス事業所などです。

医師は在宅生活における訪問診療のサポートをしています。

歯科医師は訪問歯科診療を行い、口腔内のトラブルの予防や対応をしています。

看護師は医師の診療補助を始め、点滴や胃ろうなどの管理、褥瘡の処置などを行っています。

介護関係者は介護保険制度に基づく介護サービスの提供などを行っています。

この専門性の高い職種のうち、誰かが1人で全部を対応することは不可能です。

お互いの持つ専門分野で活躍し、お互いを補完し合うことでより安心して在宅生活を送ることが可能になります。

まとめ

これからの高齢化社会の進行により現在の介護保険制度と同様の対応ができなくなることが予想されており、地域包括ケアシステムの構築が勧められています。

地域包括ケアシステムでは医療と介護などの職種が連携して在宅生活を支えていきます。

そして介護が必要でも最期まで在宅生活を継続することができるというシステムなのですが、これにも多職種の連携が求められます。

お互いに関わる要介護者とその家族などの情報を共有することでよりその人たちに合った支援を行うことができます。

そのために医療職と介護、その他の職種との関わりを密にしていくことが求められます。


2016年9月29日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop