地域包括支援センターと高齢者の相談窓口が一体になった業務を行う!
地域包括支援センター高齢者相談窓口業務が一体化した施設が多摩市で開設されました。
この施設は多摩市で高齢化が進む団地で安心して暮らしていけるようにするために行われている取り組みです。

そしてこのノウハウを他の地域の高齢化が進む団地でも行っていけるようにしていきたいとしています。

相談業務を一体化させたセンター

地域包括支援センターと高齢者の相談窓口が一体になった業務を行う!についてのイラスト 東京都多摩市の団地に地域包括支援センターと高齢者の相談窓口が一体化した施設が開設しました。

地域包括支援センターは市町村が設置主体となっており、地域に暮らす介護が必要な方やその家族などの相談を受ける、地域のケアマネジャーからの相談を受けている施設です。

そしてその地域包括支援センターに地域の高齢者の見守りと相談を行う窓口も一体的に設置されたのが多摩市の団地にできたのです。
高齢化が進む団地でも安心して生活することができるように設置されました。

地域包括支援センターには主任介護支援専門員を始め保健師や看護師、社会福祉士が配置されています。
相談窓口には社会福祉士が配置されています。


これらの専門職が2つの機能を持つ施設が一体化することによりお互いの情報共有がなされ、何か問題があるケースなどに連携して対応することができるようになるのがメリットです。

高齢者が住みやすい環境に

高度成長期の時に建設された団地は今高齢化に悩んでいます。
そして郊外に建設されている団地も少なくなく、高齢者にとって生活するのに困難が生じるところもあるようです。

そうした不安を始め、身体のことや介護のことなどを気軽に相談できるところを設けることが必要になってきます。
併せて高齢者の暮らしを見守りし、必要な支援を受けることができるように対応することも必要です。

このような機能を持っている上記のような施設があるということは高齢化が進む団地にとって最期まで住み慣れた地域で安心して生活することができる地域包括ケアシステムの構築になるのです。

まとめ

多摩市の他にも高齢化に悩む地域や団地を抱える自治体も多いでしょう。
そうした団地にとって今回の多摩市の取り組みはとても参考になるのではないでしょうか。

また介護は在宅介護にシフト傾向があり、地域包括ケアシステムの構築を進めています。

そうした面からも介護の拠点とも言える地域包括支援センターと併せて高齢者の見守りや相談ができる窓口が一体化した施設は他の地域でも必要になってくるような気がします。


2017年1月26日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop