治療歴を共有!?厚労省が目指す最新の保険医療とは?
厚生労働省では、治療歴や検査結果などの情報を統合し、様々な病院や介護現場において活用できるデータベースの作成に着手し、2020年度から運用されるとの発表がありました。

国民個々への最善な医療及びサービスを提供できるようにという意向です。
医療費の節約を考慮し、重複する投薬や検査を軽減する意味でもこの案件は効果的だと考えられます。

病歴や投薬などを一括管理!

治療歴を共有!?厚労省が目指す最新の保険医療とは?についてのイラスト 今回の構想は国が主導する企画として、データの規格統合による管理で医療・介護の効率化を行います。

国からの構想で厚労省は、「PeOPLe(ピープル)」(仮称)と名付けたデータベースを作製し、2020年度から運用を開始予定です。

この構想には、高齢者の病歴と投薬の状況、検査情報、介護なども含まれた情報を共有することで、過去の治療や処方薬、また個々のアレルギー情報なども新たに診察医師らが活用することができます。

かかりつけ医なら分かることも共有できますので、救急搬送時や災害時などでかかりつけ医以外の医療機関でも高齢者の状態把握ができ、適切な治療や処置が受けられるというメリットがあります。

特に、ご本人が意識のない状態での搬送の際にはとても役立つものです。

また高齢者はたくさんの医院などへ通われますが、その際も重複投与を防ぐこともできます。

現在持たれているイメージとしては

・基本情報(性別・年齢等)
・病歴・副薬歴
・検査情報
・アレルギー・副作用
・検診情報
・介護情報

以上の点を、「かかりつけ医」「病院」「救急」「介護サービス」等との共有していこうと構想されているようです。

情報閲覧に関する懸念

しかしこのデータベース、病気などの「個人情報」が含まれます。
当然ですが流出はとても大きな問題となります。

もちろん、このデータベースへの情報提供などに対しては「本人の同意」を必要としますが、この情報を扱う側の情報閲覧の限定範囲や情報漏洩の対策方法も検討しなければなりません。
大きな病院だけではなく、町の医院においても情報の取り扱いには厳重な管理体制を構築する必要性があります。

まとめ

今後、この収集されたデータを分析することによって、病気に対しての原因解明、また医薬品などの安全面などといった医療の進歩にも大きく貢献するとみられています。

投薬や検査などの無駄をなくすことは、健康面や人間の生活にとってとても良いことではありますが、現在では個人情報の漏洩が非常に問題視されています。慎重な取り扱いを検討してほしいですね。


2016年10月23日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop