特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)の入居条件を詳しく解説!
介護老人福祉施設である特別養護老人ホーム
2015年の介護保険改正にて入所要件が厳しくなり、待機老人が問題になっています。

また在宅での介護が難しい場合には民間の老人ホームよりも費用が安い特別養護老人ホームへの入居を希望する人も多くいます。
特別養護老人ホームに入所するにはどのような条件を満たすことが必要なのでしょうか。

65歳以上で要介護度3以上の高齢者が対象

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)の入居条件を詳しく解説!についてのイラスト 特別養護老人ホーム(特養)に入所するには、65歳以上でなければなりません。
しかし例外もあり、介護保険法で定められている特定疾患の方の場合には65歳以下でも入所が可能になります。

また要介護度に関しては今までは要介護1以上が入所条件でした。
しかし2015年の介護保険改正により要介護3以上に入所条件が引き上げられました。

現在入所している要介護1・2の入所者に関してはそのまま入所継続ができます。

要介護3以上の認定でなければ入所が不可能なのかというわけではなく、虐待が疑われるケースや認知症の症状により常時見守りが必要な状態のケースでは入所が認められることもあります。

病気や感染症がないことも条件

特養は介護施設であるため、長期的に入院するような状態の方の受け入れはできません。
看護師が常駐してはいますが、あくまでも介護を必要とする方が入所する施設であり、集団で生活する場でもあります。

そのため長期的に入院をするような状態の方や他の入所者に感染するような感染症を持っている方の場合には入所を断られることもあります。

特養への入所では必ず申し込みがあった後に入所の優先順位を決める会議を行っています。

例えば虐待が行われているまたは疑われておりすぐに介護者と引き離す必要がある場合には入所の順位が先になります。

申し込んだ順に入所できるとは限らないのが特養であり、重度の方ほど先になるというわけでもなく、その申し込みをした特養によっての条件があるのが現状です。

まとめ

特養に入所したくてもできない待機老人が問題になっています。 この待機老人に関しては2015年の介護保険改正により入所条件が厳しくなったことが背景にあります。

しかし介護職員の慢性的な不足もあり、特養を増やせば解決できるという問題でもありません。
特養側も入所申し込みをしている方たち全員に入所してもらいたいと思っているのですが、実際には不可能です。

こうした現状を知り、特養に入所しなくても在宅で安心して生活できるような環境を作り上げることが求められます。


2016年10月25日 19:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop