健康的に長生きしよう!「健康寿命」とは
愛知県東郷町は生活習慣病予防のために、特定検診を実施しメタボリックシンドロームの早期発見につとめ改善指導を行っています。長寿大国である日本ですが、規則正しい生活を送れている人が余りにも少なく、運動不足・偏った食事の摂取から生活習慣病に悩ませれている、という方の話をよく耳にします。
今回は生活習慣病でよく耳にする「メタボリックシンドローム」について調べました。

「メタボリックシンドローム」って?

東郷町と名大の共同研究!「健康寿命」についてについてのイラスト 「内臓脂肪症候群」とは、内臓の中の脂肪が溜まっている状態のことです。 腸のまわり、または腹腔内に脂肪が溜まると、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をはじめとする色々な病気の引き金となってしまうのです。その結果、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を進行させてしまいます。予備群や軽度の状態であっても、それらが複数重なっている場合には動脈硬化への進行が考えられます。早期発見、そして予防という観点からも早急に対応しなければならないという考え方のことです。

特定検診が実施されています

「特定検診ってなに?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、要約すると「メタボ健診」のことです。この特定健診とは、本当に健康ですか?と国民に問いかけるものなのです。
現在40歳から75歳未満の国民健康保険への加入者に実施しています。そして、下肢筋力、握力といった運動機能、記憶力、注意力と言った認知機能の測定データ、食事などの生活習慣に至るまでの分析を行っています。

まとめ

長寿国である日本ですが、長生きするからにはやはり健康寿命国とよばれるようになりたいですよね。
それには定期的に健康診断を受けて、そして暴飲暴食・睡眠不足など原因となる生活習慣を改善する事が一番です。
定期的な健康診断を受ける事で予防を行い、幸せな老後を迎えていきたいものです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop