トモニンとは?取得方法についても解説!
仕事と介護を両立できる職場環境整備していくためのシンボルマークをトモニンとしています。
このトモニンは厚生労働省が定めたもので、2014年に一般公募にて決定しました。

介護離職が問題となっている今、仕事と介護を両立させることができる職場環境の整備に取り組む企業にはこのトモニンマークを名刺などに掲載し、周知を図ることを目的としています。

トモニンは介護離職ゼロに向けた取り組みのシンボル

トモニンとは?取得方法についても解説!についてのイラスト 介護離職する人の数は年間10万人とされています。
そして介護離職をする10万人のうち約4人に1人は課長クラスであるとされています。

また介護離職をする年代はどちらかというと働き盛りの40代~50代が多くなっており、企業側も貴重な人材を失うことになります。

同時に離職する側は経済的に厳しい状態になります。
働き盛りの年代は子育て中でもあり、学費などがかかる子供たちがいる世代でもあります。
そうした世代が介護離職をすることは経済的にも困窮してしまう状態になりかねません。

そのような介護離職を防ぐために厚生労働省が公募して定めたものがトモニンなのです。

シンボルマークを使い、周りにもアピールできる

介護離職をさせないために職場環境を整え、仕事と介護を両立させる取り組みをしている企業がシンボルマークとして使うためのトモニン。

今はそれほど周知されていないのですが、介護離職が問題となっている今、政府も介護離職ゼロを掲げておりこれから世間に広がっていくと考えられます。

トモニンのマークを名刺などに使うなどして会社をアピールする場に活用した場合、「この企業は仕事と介護を両立できる環境だ」と相手に知らせることができます。
同時に名刺を使う自社の社員でも「介護をすることになってもそのまま働くことができる」という安心にもつながります。


そして介護休業という制度があっても取得しづらいという雰囲気を打破することにもなり、結果的に介護離職をゼロにすることができるのかもしれません。

まとめ

介護離職に関しては国全体の問題になっています。
そして政府も介護離職をゼロにするための対策を様々打ち出していますが、現状では介護離職の数が年間10万人以上いるということで効果は出ていません。

高齢化はもちろん、晩婚化や出産年齢の高年齢化も介護離職の背景にあると考えられています。
そして働き盛りの世代が介護離職をするということはその家族が路頭に迷ってしまうことにもつながってしまいます。

そうしたことを防ぐためにも介護離職ゼロへの取り組みを確実に行い、介護と仕事を両立できるような世の中にしていきたいものです。


2016年10月28日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop