糖質制限が外食産業でも人気!今後市場を動かすかも!
糖質制限が大ブームになっています。
そのため外食産業でも注目されており、糖質制限に対応した人気メニューが次々と販売されるようになりました。

そもそも糖質制限は糖尿病の患者さんの治療のために行われている食事療法でした。
しかし今はダイエットのために糖質制限をしている方も多くなっています。

正しい糖質制限の方法を知り、効果的なダイエットなどにつなげていけるようにしましょう。

糖質制限が外食のメニューにも

糖質制限が外食産業でも人気!今後市場を動かすかも!についてのイラスト コンビニや外食産業に糖質制限されているメニューや商品が並んでいます。

またダイエットのために糖質制限をしているという方も多くなっています。
糖質制限は糖尿病の患者さんのための治療で開始されたのですが、ダイエット目的の方もいます。

そのため手軽に糖質制限を行えるよう、コンビニや外食産業にも多くの種類が出てくるようになったのです。
もし糖質制限をしている、これからしようという方は商品やメニューに記載されている糖質の量を意識してみましょう。

現在、糖質制限市場は3000億円以上とも言われています。
その市場は急成長を遂げており、今後も大きくなっていくことが予想されています。

糖質制限の方法は?

糖質制限を行うには、どのくらいの糖質を取るべきかということが大きく関係しています。
そしてこの糖質の量に関しては何が目的となっているのかで変わってきますので注意が必要です。

もし糖尿病の治療のための糖質制限であるなら、主治医の指示に従っての糖質制限が必要です。

ここではダイエット目的の場合で話を進めていきます。
ダイエットを目的としている糖質制限の場合、1食あたりの糖質を20~40gにするとされています。

ちなみに国際的な糖質制限の基準は1日当たり130gとなっています。

またもっと糖質を制限するスーパー糖質制限食と呼ばれるものがあります。
これは1食あたりの糖質量を20gとしています。この糖質量はダイエットの効果もあります。

表示されている糖質量をチェック!

糖質制限をする場合には糖質量を把握することが必要です。

コンビニや外食で食事を済ませるという方が多いと思いますが、その際には商品やメニューに表示されている糖質量を確認し、計算しながら食べるようにしましょう。

今後もこの糖質制限に関する市場の規模は大きくなることが予想されています。
そのため闘病病の予備軍や糖尿病の患者さんの糖尿病の予防や改善に大きく関わってきます。

この結果、医療費の削減にもつながるのでは、とも考えられており、これからの糖質制限市場に注目していくべきです。


2017年5月30日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop