腸内細菌の種類って?数が増えれば免疫力の向上に期待ができる!
腸内細菌が注目されています。腸内細菌には善玉菌と悪玉菌、日和見菌と呼ばれる3つのが存在しています。
これらはその時の体調やストレスの量により変化していると言われています。

理想としては善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割とされていますが、悪玉菌のバランスが大きくなってしまうと便秘を始め、様々な症状を引き起こしてしまうのです。

腸内細菌の種類とは

腸内細菌の種類って?数が増えれば免疫力の向上に期待ができる!についてのイラスト 腸内細菌は3種類に分けられます。
ビフィズス菌や乳酸桿菌などの善玉菌、ウェルシュ菌やブドウ球菌などの悪玉菌、大腸菌などの日和見菌の3つです。

善玉菌は悪玉菌の侵入や増殖を防ぐ役割を持っています。
また腸の運動を促進させる働きもしています。

悪玉菌はその名の通り、身体に悪影響を及ぼす菌です。
腸内環境を悪化させてしまい、腸の運動を抑制してしまうため便秘などの原因となるものです。

日和見菌は普段、人間の体には影響を与える菌ではないのですが、体調が悪い時や過度にストレスが罹ってしまった時に悪玉菌として作用してしまう菌になります。
逆に善玉菌が多い場合には善玉菌として働く菌です。

これらは善玉菌:悪玉菌:日和見菌の良いバランスとして2:1:7で腸内に存在していることが理想となっています。
しかし体調が悪い、ストレスが罹ってしまったという時には悪玉菌が増殖してしまい、腸内環境が悪化してしまいます。

腸内環境を整えるには

腸内環境は年を取るごとに悪くなっていくとされています。
また食事の内容によっても大きく左右されるものでもあります。

そして病気などの予防のために働く免疫細胞の7割が小腸に存在しています。
そのため腸内環境が悪化してしまうと免疫細胞の働きも低下してしまうために風邪を始め、様々な病気に感染しやすくなるのです。

ではどうしたら腸内環境を整えることができるのでしょうか。
ここ最近はインフルエンザの予防にヨーグルトなどに含まれている乳酸菌やビフィズス菌が効果的だとも言われています。

まずは食事に気を付けてみましょう。
脂っぽい食事やたんぱく質が多い食事が多くなってしまうと悪玉菌が多くなってしまいます。

そのため脂肪やたんぱく質を控えめにするようにしてみるのをお勧めします。

そしてストレスも悪玉菌を増殖させる原因となります。過度なストレスを感じないようにしていきましょう。
また乳酸菌などを多く含むヨーグルトを毎日食べることも善玉菌を増やすことにつながります。

まとめ

腸内環境についてはここ最近注目されるようになってきました。
特にこれからの時期、インフルエンザが流行します。

その予防にはヨーグルトなどのビフィズス菌や乳酸菌が多く含まれているのでお勧めです。

また昔から食べられているみそなどの発酵食品も腸内環境を整えてくれるものです。
毎日の食事にみそなどの発酵食品を始め、ヨーグルトなどの食品も取り入れてみてはいかがでしょうか。


2016年11月2日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop