朝食が健康に影響あり!?どんな朝食が効果的!?
朝食を抜くと健康影響を与えることになります。
特に女性では栄養・運動・睡眠が不足していることが分かり、1日の必要カロリーに達していないことが分かりました。

朝食を抜くことで1日の摂取カロリーは糖尿病の制限食を食べている方や高齢者の摂取カロリーよりも低い1479kcalとなってしまいます。

そのため体を作るうえで必要な栄養素が不足してしまっている現状があります。
特に骨を作る栄養素と血液を作る栄養素が不足していました。

朝食を抜く女性は栄養不足になっている

朝食が健康に影響あり!?どんな朝食が効果的!?についてのイラスト 朝起きるのが苦手な方やダイエットのために朝食を抜いてしまっている女性も少なくないと思います。

しかし朝食を1回抜くだけで1日に必要なカロリーや栄養素が不足してしまい、健康に影響が出てしまいます。

特に不足している栄養素はカルシウムやマグネシウム、たんぱく質などの骨を作る栄養素、鉄分や葉酸、亜鉛の血液を作る栄養素になります。
そのため朝食を抜いている女性の約4割が貧血状態であることも分かっています。


これらの栄養素は身体を丈夫にするために必要な栄養素でもあり、不足してしまうと健康に影響するものばかりです。
しっかりと朝食を取るようにしていきましょう。

効果的な朝食は何?

朝食を抜く理由には夜遅くまで働いているため、朝食を食べるくらいなら寝ていたいと考えている女性が多いことが挙げられます。

また夜遅くの食事やお菓子を食べることで朝お腹が空かないということも関係しています。
こういう状態が続くと1日2食の状態になり、血糖値のバランスも崩れてしまいます。


では効果的な朝食はどのようなものなのでしょうか?

貧血が気になる方ならマグロやカツオなどの赤身の魚や牛肉や豚肉などの赤身のお肉を積極的に摂りましょう。
これらはほうれん草などに含まれている鉄分よりも貧血改善に効果があります。

また朝は忙しくて食事は難しいという時にはココアを飲む、Feが入っている機能性食品を選び朝食に取り入れるようにしましょう。

まとめ

食後の飲み物も注意が必要です。

せっかく食事の際に鉄分が多く含まれているものを摂ってもコーヒーや緑茶などタンニンが多く含まれているものを飲んでしまうと吸収が妨げられてしまいます。

貧血で悩んでいる女性はもちろん、鉄材を内服している方の場合、上記の飲み物を内服後30分以内に飲むと吸収が妨げられてしまうため、避けるようにしましょう。

朝食を食べていなかった方はぜひ今日明日から朝食を食べるようにしましょう。
夕食の時に朝食の分を残しておく、休みの日に作っておくということで無理なく食べることができますので意識してみてはいかがでしょうか?


2017年10月19日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop