夜中に何度も目がさめる。その原因とは?
夜中に何度も目が覚めるとお悩みの方はいませんか?
日本の成人の中で最も多い不眠は夜中に目が覚めてしまう中途覚醒です。

他にも寝つきが悪いという入眠障害、朝早くに目覚めてしまう早朝覚醒などの不眠症があります。
加齢とともにこれらの睡眠障害に悩まされる方も多くなりますが、生活習慣の見直しをすることで良い睡眠が取れるようになるかもしれません。

最も多いのが中途覚醒

夜中に何度も目がさめる。その原因とは?についてのイラスト 日本の成人の中で最も多い不眠症が中途覚醒です。
この中途覚醒は夜中に目が覚めてしまうもので、約15%となっています。
原因として挙げられるのは夜中の頻尿やかゆみ、飲酒などです。
他にもうつ病や睡眠時無呼吸症候群なども原因として挙げられます。

加齢とともに睡眠が浅くなる傾向があり、この中途覚醒に悩まされる人が増加します。
加齢による中途覚醒は生理的なものであり、夜中に2回程度起きるのは問題ないとされています。
しかし回数が増えれば増えるほど睡眠の質は低下して熟睡できない、疲労の回復ができません。

また眠れないという時に飲酒をすることもあるでしょう。
しかしアルコールは体内で分解されると共に尿量を増加させ、頻尿になります。
頻尿は中途覚醒の原因となりますので過度な飲酒は避け、就寝3時間前までに適量飲酒をするようにしましょう。

夜中に目が覚める時に疑われること

あなたが夜中に目が覚める時には何がありますか?
体のかゆみや頻尿などのお悩みがあるでしょう。
特に体のかゆみや頻尿などの体の理由は不眠症の原因の中では多くの数を締めます。

他にも寝ている間に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群もあります。
これは肥満型体形の人に多く見られます。
いびきをかきながら眠っている人が急に呼吸を止め、またいびきをかき眠るというものです。
突然死の原因にもなるものなので、当てはまるかもと思った人は早めに受診をして検査を受けることをおすすめします。

またうつ病の場合、95%以上の方に不眠症状があるとされています。
そのため中途覚醒を始めとする睡眠のトラブルを抱えている人は、うつ病の可能性があることも知っておきましょう。

まとめ

中途覚醒などの不眠症には専門医の診察が必要です。
そして何が原因で不眠症になっているのかを診断してもらい、適切な治療をすることが大切です。 

また加齢とともに中途覚醒も増えますが、日中体を動かす、日光を浴びるなどを意識することで改善されるケースもあります。
ぜひ意識してみて下さい。


2018年3月6日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop