運転支援システムの利用!誰でも起こりうる「間違い」に後付けでサポートを!
最近高齢者ドライバーの踏み間違い事故が増えて問題になっています。

特に地方では車以外に齢者の足となるものがないことから、運転免許を手放せずに不安を抱えたまま運転している高齢者ドライバーもいるのではないでしょうか。

しかし運転支援システムやお手頃価格で後付けできる装置があればそんな不安も解消できますよ。

踏み間違いは高齢者だけではない!

運転支援システムの利用!誰でも起こりうる「間違い」に後付けでサポートを!についてのイラスト 高齢者ドライバーの踏み間違い事故が多発し問題となっていますが、踏み間違い事故は高齢者ドライバーだけの問題ではなく、ドライバーであれば誰でも起こりうる問題です。

ブレーキのつもりで強く踏んだらアクセルで急発進してしまう事故ですが、運転中に慌てていたり、パニックになっている状態ならどうでしょう。

同じ足で踏み方が同じブレーキとアクセルではとても間違いやすいものです。

実際高齢者ドライバー以外では24歳以下の若い世代が踏み間違い事故を起こしやすいというデータもあります。

踏み間違い事故は高齢者ドライバーだけでなく、全てのドライバーで起こりうる事故だと言えます。

事故を防止する方法とは

踏み間違い事故の多発を受け、自動車メーカーでは事故防止システムが開発されています。

CMでもよく紹介されていますが運転支援システムや衝突回避システムなどが事故防止にはとても重要です。
カメラやセンサーなどで障害物や車、人を感知し、衝突する直前に自動でブレーキが作動するシステムです。

これだけではなく、360度どこからでも障害物を発見できるように死角をなくし、アクセルを強く踏みすぎて衝突する危険があると車が判断するとアクセルを押し戻してくれる機能もついています。

車線変更で車と衝突する危険がある時はアラームで知らせたり、車の危険を察知し、知らせる、防ぐ機能が沢山ありこれらのシステムが事故防止にはとても効果的ではないでしょうか。

まとめ

既に車を持っていて運転支援システムがついていない方のためにカーメーカーが後付けの事故防止装置を販売しています。

ペダルの見張り番という商品で4万円程で購入することができます。

アクセルとブレーキの踏み間違えを防ぐ商品でアクセルを踏み込んだことを感知し抑制、誤発進を防止、アクセルとブレーキを同時に踏んだ場合はブレーキを優先させるとうい商品です。

このように事故防止商品が次々に開発され、利用することで誰でも安心して運転できることができるようになるのではないでしょうか。


2016年12月18日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop