うつ病を治療するのは薬ではなく、根本的な原因の解決!
うつ病治療方法はで治すイメージですが、薬を服用して完治を目指す場合長期間にわたり服用する必要があります。

薬に頼らずうつ病の原因となるものを解決することで完治を目指してみませんか!?

うつ病の症状とは

うつ病を治療するのは薬ではなく、根本的な原因の解決!についてのイラスト うつ病の症状は人それぞれですが、心の症状でよくあるものは悲しい気分になる、憂鬱、判断能力が低下し仕事の能率が落ちるなどがあげられます。

体の症状としてあげられることは眠れない、食欲がない、何を食べても美味しくない、ダイエットをしていないのに体重が短期間で数キロも減ったなどです。

心と体はつながっているため、うつ病は精神的に落ち込む病気ですが、心の不調が体にも表れてしまいさまざまな症状が起こってしまいます。


中には過食症のようになる方もいればお腹が痛いなど内科的症状が現れる人までいるのです。

うつ病の治療方法と問題点

うつ病の診断は標準的な診察基準に当てはめて診断されます。
気分が落ち込むことで心や体に不調が出るため、脳の神経伝達物質のバランスを整える薬を処方される治療が一般的です。

しかしこの治療では根本的な原因の解決がされないのでうつ病を繰り返す人が増え、治療に長引く人が後を絶ちません。
なぜうつ病になったのか原因を解決することは治療では行うことはあまりありません。

薬に頼らずうつ病を治す方法

うつ病になってしまう原因はいろいろありますが、生活環境や性格、ゆがんだ親子関係や仕事のストレスなどが絡み合って起こるとされています。
最近多いのは人間関係による精神的なストレスやリストラなどの経済的負担、介護疲れ、育児ストレスなどの原因が多くなっています。

薬に頼らずうつ病を治療する場合、まずうつ病になってしまう人はうつ病になりやすい考え方をしていることを自覚することから始めてみましょう。
そしてもっとちゃんとしなくてはと自分で自分を追い込むことを止めましょう。

責任感や義務感を強く持ちすぎると心が疲れてしまいます。
ある程度できていれば十分と考え方を変えることがとても重要です。


そして自分一人で抱え込まず周りに相談したり、手助けしてもらうことで気持ちが楽になることもあります。
自分だけがと思うこともなくなり、周りの状況もよく見えてくるはずです。

周りが見れるようになると今まで悩んでいた原因を解決するヒントがあるのではないでしょうか。

このように薬に頼らずうつ病を治療する場合、原因をどのように解決し心の負担を軽くするかがとても重要になってきます。

原因の解決をすることができればうつ病を繰り返すリスクが減り、治療に長期間かかることもありません。

薬でのみ治療する方法より効果的なのではないでしょうか。


2016年11月29日 12:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop