若返りとガンリスク軽減!?医者もおすすめの食材とは!?
食事を意識すると若返りの効果や、がんもリスクを抑えることができるそうです。
実は食事を変えるだけで健康だけではなく見た目の変化も出てきます。
しかしすぐに食事全体を変えるのは難しいですよね。
そのため、まずは朝食から意識してみましょう。

おすすめ食材はくるみやアーモンドなどのナッツ類です。
その他にオリーブオイルやエゴマ油にも同様の効果があるとされています。

ナッツ類や油類を意識してみて

若返りとガンリスク軽減!?医者もおすすめの食材とは!? 食事を変えるだけで健康だけでなく見た目が若返る、がんのリスクが抑えられるそうです。
その食事の中で意識して取って欲しいものがナッツ類です。
特に乾煎りされていて塩分が添加されていないアーモンドやくるみなどがおすすめです。

実はナッツ類を取ると直腸がんなどのリスクが抑えられるという研究結果も得られているそうです。
またコレステロールの改善にもつながり、心臓病などのリスクも抑えることができます。

ナッツ類に含まれる不飽和脂肪酸は常温でも固まりません。
これは牛や豚などの肉に含まれる飽和脂肪酸とは異なります。
飽和脂肪酸は悪玉コレステロールと呼ばれ、動脈硬化を進めてしまいます。
しかし不飽和脂肪酸は善玉コレステロールであり、動脈硬化を予防してくれる働きをします。

食事の中で注意すること

ナッツ類がいいからと言って塩分が含まれているものを多く取り続けないようにしましょう。
乾煎りされている塩分が添加されていないものを食べるようにすることをおすすめします。

また乾煎りされていない生のナッツをミキサーにかけ、ペースト状にして食べるのも良いそうです。
このナッツソースは蒸した野菜に合いますよ。
ナッツだけを食べるのは苦手という場合にはカカオ含有量が多いチョコレートと一緒に食べてみてはどうでしょうか?
カカオ含有量が少ないチョコレートには糖分が多く含まれていることもあり、糖尿病などのリスクになります。
例えばカカオが95%含有されているチョコレートを数かけとナッツを30グラム程度を目安に1日で取ってみて下さい。

まとめ

ナッツ類を取るのであればそれほど難しいことではないですよね。
いきなり食事全体を変えるとなると躊躇しがちですが、いつものおやつをナッツ類に変えるだけだったら取り入れられそうではないですか? 

また、豆腐や納豆などの大豆製品もおすすめされています。
朝食を魚と豆腐、納豆などにするといいかもしれません。
まずはできるところから変えてみてはいかがでしょうか?


2018年3月16日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop