免疫を高める食品は?ヨーグルトを食べれば腸から健康に!
インフルエンザが流行しています。
少し前からインフルエンザの予防にもなる免疫力高めるヨーグルトが注目されていますよね。

そのような免疫力を高める食品、何があるのでしょうか。

また腸内環境を整えると免疫力が上がるとされています。
そのため腸内環境を整えるヨーグルトなどを摂取すると免疫力のアップにつながるかもしれません。

免疫力を上げるには乳酸菌が必要!?

免疫を高める食品は?ヨーグルトを食べれば腸から健康に!についてのイラスト 人間の身体を病原菌などから守っているのがNK細胞(ナチュラルキラー細胞)と呼ばれるものです。

このNK細胞は腸の周りに多く存在しています。
また毎日数千個ずつ作られています。

以前からヨーグルトのように乳酸菌を多く含む食品を摂取するとインフルエンザ予防の効果があるとして注目されています。
このことはこのNK細胞の働きを強めてインフルエンザの感染を予防すると言えます。


また乳酸菌は腸内では善玉菌として活躍している菌でもあるためヨーグルトなどの乳製品は腸内環境を整えると共に免疫力のアップにもつながると言えます。

NK細胞は乳酸菌が活発になると同じく活発に働きます。
乳酸菌が多く含まれているヨーグルトなどの乳製品、納豆やみそなどの発酵食品などに乳酸菌は多く含まれています。

ぜひ毎日の食事に取り入れてみて下さい。

他にも免疫力を高める食品があります!

乳酸菌の他にも免疫力を高めるとされている食品があります。
免疫力を高めるには身体の体温を上げることが必要とされています。

しかし日本人の体温は低体温傾向です。
そのため体温を上げる効果のある食品を積極的に取り入れるようにしましょう。

体温を高める食品はしょうがやとうがらしなどの香辛料、大根やごぼうなどの根菜類などです。
これらの食品を毎食取り入れることで徐々に体温を上げて免疫力を高めることができます。

そして体の中の老化の原因となる活性酸素を抑える効果のある食品も積極的に摂りたいものです。
抗酸化作用の高い食品はビタミンA・C・Eを含むものです。

ほうれんそうや小松菜、ニラなどが抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eを含むものになります。

まとめ

NK細胞の働きを高めるためには乳酸菌の働きも大切ですが、「笑う」ということもNK細胞を活性化させると言われています。
ストレスが溜まっている時は便秘や下痢などお墓の調子が悪くなりませんか?

そのお腹の調子が乱れるということは腸内環境も悪いということになります。

ストレスを溜めないというのは現代の生活では難しいのかもしれません。
しかし1日1度は大声で笑い、NK細胞の働きを高めるようにしていきませんか?


2016年12月8日 15:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop