電車やバスの優先座席。座る人、座らない人、譲る譲らない
電車に乗った際に優先座席に座りますか?
また優先座席に座る時、その後に優先座席が必要な方が乗車してきた場合には譲りますか?
これは人それぞれで考え方は違いますので、一概にどうこう言えるものではありません。

また優先座席に座っている一見健康そうな方でも内部障害を持っているということもあり、明確な線引きは難しいのです。
空いていれば座ってもいいというものないような気がしますし、人の価値観によるのかもしれません。

そもそも優先座席は何のためにあるのか

電車で必ず見かける優先座席。
座席自体の色が他とは違う、案内板が出ているなどで誰が見ても優先座席と分かるようになっています。

この優先座席ですが、もし空いていたらあなたなら座りますか?
それとも空いていても座らないですか?
どの電車でも空いていたら座るのは構わないという見解を持っているようです。

しかし優先座席の対象者が乗車してきた場合には譲ることをお願いしている席になっていますのでいつでも必要な人が座れるよう「優先席が空いていても座らない」という考え方をしている方がいると考えられます。

ゆずりあいシートもある

優先座席にはゆずりあいシートと呼ばれるものを設置している電車があります。
これは横浜市営地下鉄にあるもので、列車全体を優先座席とし、さらにゆずりあいシートを設置したものです。

ゆずりあいシートは座席の色が他とは異なり、携帯電話の電源もオフにするように呼び掛けているシートになります。
他の電車での優先座席と同じ考え方になるのですが、横浜市営地下鉄では全席優先席となっていますので、より意識して譲り合うことができるような取り組みと言えます。

やはりどの電車でも「譲ってもらえなかった」という声が聴かれているそうです。
ゆする側のマナーはもちろんですが、一言「譲っていただけませんか?」の声掛けがあると譲る側も気持ちよく譲ることができるような気がします。

まとめ

電車に乗っている際に優先座席やその他の席に座らなければ危ない乗客がいた場合に「こちらに座ってください」と言葉にするのはすごく難しいですよね。

中には「譲ったけど無視された」「断られた」という経験をしてしまう方もいて、そうした体験が譲らないという行動になるかもしれません。
譲られる側としても「恥ずかしい」という気持ちを持つこともあるため、声のかけ方などお互いに気持ちよく電車を利用できるように心がけていきたいものです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop