入院が最善ではない?在宅ホスピスで家族と最期の時間を過ごす
近年、終活やエンディングノートといった人生の終焉の形は個人の自由であることが話題となり世間でも注目され始めています。

以前は、人生の終末期を迎える場所は病院である場合が多く、点滴や酸素チューブなどに縛られ、苦しそうな様子を見せる方も少なくありませんでした。

どのような終末期を迎えるかも、自分自身で選択したいと在宅ホスピスで家族とともに過ごすことを選択される方も増えています。

この在宅ホスピスとはどのようなものなのでしょうか?

在宅ホスピスとは?

入院が最善ではない?在宅ホスピスで家族と最期の時間を過ごすについてのイラスト 末期がん患者さんの場合、強い痛みや苦痛、不安を抱えることが多いです。

それと闘いながら、終末期を迎えることになります。

この苦痛や不安を和らげる緩和医療を受けることができる施設がホスピスです。

しかし、ホスピスの数は十分とは言えないため、ホスピスと同様のケアを提供してもらうことができるサービスが在宅ホスピスです。

この在宅ホスピスは、往診の医師、訪問看護、訪問ヘルパーなどで協力してケアを行っています。

この在宅ホスピスのメリットは、何より患者さん本人が自由に生活することができ、家族の中で自分の役割を最期まで実感することができることです。

また、住み慣れた自宅なので、安心して居心地よく過ごすことができます。

デメリットとしては、家族のサポートが不可欠なため、負担が大きくなること、急変時の対応に時間がかかることがあげられます。

その人らしく過ごせる場所

誰もの命には限りがあります。

この限りある命の尽きるとき、自分自身が望む形で迎えることができるのであれば、これ以上の幸せはないのかもしれません。

そのような場所は、やはり住み慣れた自宅なのでしょう。

「最後まで自宅で過ごしたい」と考える人に「自宅で過ごせてよかった」と思えるような働きかけをしていくことが在宅ホスピスの基本となるものなのです。

まとめ

命はいつか尽きるものと考える方にとっては、家族や配偶者と一緒に過ごし、安心してそのときを迎えたいと感じるようです。

在宅ホスピスにはデメリットはあるものの、本人が望む形で迎えることができれば、それが人にとって一番なのではないでしょうか?

一緒にそのときを迎える家族にとって不安や負担を減らすため、在宅ホスピスの果たす役割はとても大きいものだと感じます。

終末期の迎え方は人それぞれです。
いざというときのため、元気なうちから家族では話し合ってみてはいかかでしょうか?


2016年9月30日 17:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop