在宅医療推進協議会が御坊市で発足!住み慣れた地域で自分らしく生きる!
日本では急速な高齢化がすすんでいることが社会問題となっています。特に、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年には医療や介護の需要は今以上に増大すると言われています。そんな中、御坊市では、住み慣れた地域で最後まで自分らしく生活を送ることができるよう、医療と介護の連携を図るための地域包括ケアシステムの構築を目指して、在宅医療推進協議会が発足しました。

在宅医療推進協議会発足

在宅医療推進協議会が御坊市で発足!住み慣れた地域で自分らしく生きる!についてのイラスト 御坊市では、人的・物的資源の確保や地域での課題を共有して、医療と介護、生活支援などを途切れることなく提供できるよう、医療と介護の連携を図るため、官民一体の在宅医療協議会を発足しました。協議会メンバーは、行政関係者だけではなく、医師や歯科医師、在宅介護支援、訪問看護の関係事業所代表ら10機関の12人で構成されています。

協議会での取り組み

平成28年3月3日に第1回会議が開催されます。協議会では今後、地域の医療機能や医療機関の分布のリストアップ、在宅医療の取り組み状況などの把握や共有、研修会やグループワークの開催などを行い、今後の課題と対応策を検討していく予定です。

在宅生活の大きなポイント

年齢を重ねるにつれて、持病も悪化し、介護が必要になりがちです。高齢者が病院や施設以外で住む慣れた地域で不安なく生活していくには、医療と介護の連携が不可欠となっていきます。在宅生活において、支援を途切れることなく提供できるようにすることは欠かせないものです。そのためには在宅医療を充実させながら、他業種の人たちが連携できるような支援体制を構築していくことが大きなポイントとなっていきます。

安心して在宅生活を送るために

退院後の在宅生活を安心して送れるよう、病院とかかりつけ医の連携を図りながら、退院調整を行い、家族の負担軽減を図りながら在宅生活を送ることができるよう、医療と介護の連携を充実させ、在宅生活の援助をしていく必要があります。現在、それぞれの市町村で在宅医療推進協議会を発足されていますが、大都市、山間地域、漁村地域などそれぞれの地域にしかない問題点も多くあります。
安心して住み慣れた地域で生活できるよう、地域に合わせた地域包括ケアが行うことができるように在宅医療推進協議会での課題検討が期待されています。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop