在宅介護 負担なく行うためにはどうすれば
在宅介護負担なく行うためにはどうせればいいでしょうか。
在宅介護は家族の負担も介護を受ける高齢者の負担も大きいためお互いに身体的にも精神的にも負担に感じてしまうそうです。

「もし自分が介護を必要としたら誰に介護をして欲しいですか?」という調査をした際に1位だったのは「自分の配偶者」でした。また介護に対する不安に対しては「お金がかかるのでは」ということが最も多い答えだったそうです。 このように介護に対して自分なりの希望や不安を持っている人は多くいます。

しかし現実では介護についての知識がなくそれが不安を強くしている原因となっています。

介護をしていてのつらさとは

在宅介護 負担なく行うためにはどうすればについてのイラスト 自宅で介護をしている人にとって「自分の時間がない」「終わりが見えない」ということが大変さを感じるポイントになります。

確かに介護は24時間続いているため自分の時間を作ることは至難です。そして介護サービスを利用していて、一時介護から離れることができたとしてもその間に洗濯や買い物など普段の家事をこなさなければなりません。

そうすると必然的に自分のための時間は無くなります。
そして介護は終わりが見えません。何事も終わりが見えればまだ頑張ろうと思えるのですが、先が見えないとなると考えるだけでつらくなります。

介護をして欲しい人

押し自分自身が介護を必要とした時、誰にして欲しいですか?人それぞれ答えは違うと思いますが、今回の調査では「配偶者」が最も多かったようです。

確かに配偶者は人生を一緒に歩んできたことで自分のことを良く知っています。そして子供に迷惑をかけるよりも配偶者にお願いした方が気持ちを使わなくて良いと感じているのかもしれません。

この調査では配偶者に次いで多かった答えは「介護職」でした。
家族に負担をかけることなく介護をしてもらえるという背景があると考えられます。

日本人の心理に関係している?

もともと日本人にとって介護は自分たちでという考え方が主流で、今でもその考えが根付いています。

また、「人に迷惑を掛けたくない」という気持ちが強い人が多いのも特徴で、介護サービスに対して否定的な人も中にはいます。そのような方は自宅で家族による介護を強く希望しているのでしょう。

自宅での介護を否定するつもりはありません。
住み慣れた自宅で介護を受けながら暮らすということはいいことです。しかし介護サービスを利用しながら自分も家族も余裕を持ちながら生活できるようになれば、お互いに介護に対する不安やつらさが軽減するかもしれません。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop