在宅介護のイヤな臭い…消すにはどうしたらいい?
実家の親の介護や訪問ヘルパーで在宅介護に入る時に感じるイヤな臭い。ポータブルトイレやおむつ、汗などが混じりあって生まれる臭いです。訪問先によっては動物を飼っている所もありそうなると更に臭いは強烈に、介護どころじゃなくなりますよね。 そんな部屋でずっと過ごしている親や利用者の方も気分が滅入ってしまいます。そうならない為に在宅介護の臭いを防ぐ方法をお伝えしたいと思います。

臭いの元をこまめに交換する

在宅介護のイヤな臭い…消すにはどうしたらいい?についてのイラスト まず一番強い臭いの元の排泄物。アンモニアは時間が経つほど臭いが強くなります。排泄物は雑菌が繁殖していくので衛生的にもよくありません。オムツはこまめに交換しポータブルトイレも排泄物をためこまない様にしましょう。汗も雑菌の繁殖が臭いの原因です。汗の臭いは体ではなく衣服や寝具についたものが臭います。パジャマから衣服へ毎朝着替え、寝具もこまめに交換していきましょう。寝たきりの方も一日一回体を拭いてあげて着替えを行うと体の清潔も保ち臭いも軽減されます。寝具の交換も大変な時は枕カバーやシーツの汚れやすい箇所にもう一枚タオルやバスタオルを引いてタオルだけを交換するだけでも違うので心がけていきましょう。

臭いを閉じ込めることが大事

排泄物などの臭いが出た時は出来るだけ早く臭いを閉じ込めると臭いが広がりません。でもなかなかポータブルトイレを使っていた場合などすぐに処理することが難しい時がありますよね。そんな声から生まれた新しいタイプのポータブルトイレも出てきています。「ラップン・エブリ」は排泄物を自動で密閉し、袋に包んでくれるのでバケツを洗わなくて済みます。後は袋を捨てるだけというのは臭いも負担の面でもとても便利です。オムツを使用する場合もすぐに外のゴミ箱に捨てたりオムツ用の密閉出来るゴミ箱などに捨てて臭いを閉じ込める事が大事です。

グッズを利用して臭いを広げない

臭いを閉じ込めるポータブルトイレやオムツ用ゴミ箱もそうですが、臭い対策のグッズは色々と出ています。消臭スプレーも部屋にひとつ置いておくと便利ですし、空気清浄機を置くこともウイルスなどの風邪対策にもなりとても有効です。

まとめ

イヤな臭いはそれだけでストレスを感じ、気持ちまでが落ち込んでしまう原因になります。だからこそ日々の介護の生活の中で、臭いに気を使う事は介護者も介護を受ける側も気持ち良く過ごす為にとても重要なことです。上手くグッズ類を活用したりこまめに部屋の換気を行うようにしましょう。部屋の換気も1か所の窓を開けるだけでは空気の流れる道ができないので「2か所」開ければ空気も流れ素早く換気を行うことが出来ます。「イヤな臭いは広げずにすぐに対処」これを心がけていきましょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop