在宅勤務は介護離職を回避する一手かもしれません!
介護離職が問題となっている現在において、在宅勤務はひとつの巧妙になっています。
現在、積極的導入企業の会社は主要121社のアンケートで半数があります。

今後の働き方においては、時代と共にこれも1つの方法となることでしょう。

在宅勤務とはどういったものでしょう?

在宅勤務は介護離職を回避する一手かもしれません!についてのイラスト 在宅勤務とは、自宅で働く事です。昔からある「内職」と混同しがちですが「自宅での仕事」と行動においては似ていますが、 別ものなんです。内職には家内労働法があって特定の仕事内容に決められています。

それに対し在宅勤務とはテレワークに属し情報通信機器等などを活用する事で、場所や時間に縛られない労働形態のことです。。 テレワーク(Telework) とは「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語です。

テレワークはその仕事場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)
と3種類あります。

・在宅勤務:自宅で仕事をし、会社との連絡方法は「パソコン」「電話」「ファクス」などを用いる方法。
・モバイルワーク:出先で、パソコン、携帯電話で行う方法。
・サテライトオフィス勤務:メイン勤務先以外(郊外などの地域にあるオフィイスなど)のオフィススペースの勤務

今回の「在宅勤務」は時間の割り振りの柔軟さから、 特に介護者を抱える家庭においては、女性に負担が大きかった事の改善にも繋がります。

メリットは?

事業主にとっては「仕事の生産性・効率性の向上」「オフィスコストの削減」「優秀な人材の確保」等があげられます。

在宅勤務の利用者側からは「仕事の生産性・効率性の向上」「通勤に関する肉体的、精神的負担が少ない」、 「家族との団欒が増える」等という意見があります。

そして、子育てや介護での離職者予防にも大きく貢献しています。 また仕事を継続状態である事から、復帰後にすぐ以前の状態へ戻れるという利点も挙げられています。

その上、通勤による時間がかからないため、時間が有効に使えるという点で家族と過ごせることも利点と捉えられています。

在宅介護になった人にとって、社会との断絶はとても大きなストレスとなります。
高齢者うつ病だけではなく 家に縛られる事で介護者もうつ状態になることが懸念されているのです。

現在の私も、外へ出ての仕事が難しい状態にありますが、この在宅勤務のおかげで社会と断絶しないで過ごせています。

デメリットは?

会社側としては「労働者の管理が難しい」としています。
勤務時間の管理や、評価の査定が難しいとして二の足を踏む会社もあります。

在宅勤務に関しては「労働基準法」「最低賃金法」「労働安全衛生法」「労働者災害補償保険法等」の労働基準関係法令が適用されます。 これに関しての 管理の明確さが今後の課題となりそうです。

まとめ

高齢化と共に、労働人口の減少が今後の日本経済に重くのしかかる懸念案件です。
その上、2025年問題における団塊世代の高齢化 による、介護離職問題は大きな不安材料です。
在宅勤務が可能になれば、介護が原因での離職に歯止めがかかりますね。

全ての業種にできる事ではありませんが、介護には何年で終了というような期間がありません。
会社復帰に望みをもてることは 在宅介護する不安も多少なりとも軽減されると思います。

地域で暮らす、自宅で過ごしたいと思う高齢者にとっては、幸いな 制度ではないでしょうか?


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop