在宅勤務で働く、継続していくための課題とは?
オフィスや時間などに縛られず、働きたいが育児や介護などで働けない人たちに在宅勤務が拡がりつつあります。

政府も在宅勤務の推進に力を入れており、ますます増えていくことでしょう。

しかし、在宅勤務を実施していない会社はまだまだ多く、課題もあるようです。

在宅勤務のメリットとは?

在宅勤務で働く、継続していくための課題とは?についてのイラスト 自宅で仕事ができるため通勤時間の削減や、自分のライフスタイルに合わせて仕事をすることができます。
今までは育児や介護などで仕事を諦めて退職するしかなかった人が自宅で家族の世話をしながら空き時間に働くことが可能になりました。

これにより仕事とプライベートの両立ができ、優秀な人材の確保ができるかもしれません。
そして資料をペーパーではなくデータとして送ることで業務能率の向上や、費用削減にもなっています。


また、会社勤務と併用している人は場所が変わることで計画的に作業できるようになり作業能率が上がっているようです。

在宅勤務の方法

グループウェアと呼ばれるパソコン同士で情報を共有できるシステムを活用したり、テレビ電話を使って自宅にいながら会社にいる人たちとコミュニケーションを取ることができます。

現在のテレビ電話は小さな声でも聞こえるほど高性能ですので、会社にいる時と同じように仕事をすることができます。
テレビ電話を使用して会議なども可能となっています。

在宅勤務を継続していくためには?

在宅勤務が拡がりつつありますが、まだまだ少ないのが現状です。
特に地方や小さな会社では導入していない所が多く、そのため在宅勤務を周りが理解できない環境になっています。

既に導入している会社では多くの人が在宅勤務を経験することで理解が得られ、自宅にいながらでも会議やコミュニケーションを取れることを知り実践しています。

しかし、理解してもらえない環境だと在宅勤務は上司の目が届かないから怠けていると勘違いされやすいことも問題かもしれません。

そして勤務態度や勤務内容で上司が評価をしている会社は在宅勤務では評価がしにくいと導入に足踏みしていることも課題となっています。

在宅勤務は育児や介護などで働くことができない人にとっては勤務しやすく、災害が多い日本にとっては災害時でも円滑に業務をすることができる点でこれからますます注目される働き方だと思います。

上司の目が届かないなど、そんな瑣末な問題で優秀な人材は失う方が企業にとっても大きな損失になるのではないでしょうか?

政府も在宅勤務者をこれからますます増やす方針ですが、そのためには会社の理解だけでなく、働く人全体の理解が深まることが課題となっていくはずです。


2016年12月30日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop