在宅死と病院死…最期を迎える場所
在宅死病院死など、最後の瞬間は様々ですが、人間は必ず最期の時が来ます。
その最期の時にどこで迎えるかという問題で悩む高齢者が多くいます。

現在、最期を迎えるのに病院や施設が最も多い場所です。
また、住み慣れた自宅で最期を迎える人もいます。

在宅、病院、施設…最期を迎える場所

在宅死と病院死…最期を迎える場所についてのイラスト 人間は必ず最期を迎えるわけですが、その最期を迎える場所を考えた時に皆様はどう考えますか?

それは最期を迎える時の状況によっても変わってきますが、家族に囲まれて自宅で最期を迎えたいと考える人が多いのではないでしょうか。

以前行われた調査で、どこで最期を迎えたいかという問いに、「住み慣れた自宅」、つまり在宅死と答えた人は「病院や施設」と答えた人よりも多いという結果が出たそうです。

そのことからも最期を迎えるなら在宅死がいいと感じている人は多くいるといえるのではないでしょうか。

病院や施設での生活

病気になった、介護が必要になり自宅での生活が困難になったなどという状況の時に病院に入院する、介護施設に入居するということになります。

しかし病院や介護施設での生活には制限が多くあり、窮屈さを感じながら過ごすことになります。

もしご自分が病院死など、そのような生活のまま最期を迎えるとしたら、果たしてそれは幸せな最期だった言えるでしょうか。

最期が近いと分かっているのならば住み慣れた自宅で過ごしたいと思うに違いありません。

病院や施設は24時間スタッフがいて安心です。
また緊急時もすぐに対応してくれるでしょう。
安心感を求めるのなら病院死でもいいのかもしれません。

最期まで自分らしく生きたい

最期を迎える時、制限がある生活だと自分のしたいことができずに自分らしい生活はできないでしょう。
最期くらい好きなものを食べて好きなものを飲んで好きなように過ごして、周りには大好きな家族がいる…という環境を叶えられるのはもしかしたら在宅死なのかもしれません。

今は介護施設でも「終の棲家」として入居できる施設も多くなってきました。
そのような施設でも同じような生活は可能かもしれませんが、まだまだ共同生活による制限はあるでしょう。

まとめ

結局は在宅死であれ病院死であれ、どこでも自分らしく過ごすことができれば最期を迎えた時にも幸せなのかもしれません。
最期を迎える人が満足した人生だったと感じられるように周りがフォローしていくのが大切です。

高齢者は住み慣れた家で最期を迎えたいと考えている人はかなりの割合でしょう。
しかし家族に迷惑を掛けたくないからと考えている人もいます。

在宅死と病院死、果たして高齢者にとってはどちらの方がいいのでしょうか。


2016年7月18日 9:00


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop