前屈ストレッチに若返り効果が期待できる!?
前屈ストレッチ若返り効果期待できるそうです。
猫背になって歩いている人を見ると実年齢よりも上に見えますよね。

これが実は前屈ストレッチをすることで解消されるのです。
このストレッチは大腿部の裏のハムストリングスと呼ばれる筋肉群に効果を出すものです。

ハムストリングスを鍛えることで骨盤の位置が整えられるため、正しい姿勢になるそうです。

前屈ストレッチをする前にレベルを知る

前屈ストレッチに若返り効果が期待できる!?についてのイラスト 前屈ストレッチをする前にまずは自分自身の身体の状態を知るために、どのくらいの前屈ができるか確認してみましょう。

まず、背筋を伸ばして足先をつけて立ちましょう。
そして膝を伸ばしたままゆっくりと前に前屈します。

これ以上は無理というところで5秒耐えられればそこが自分自身の前屈レベルです。

レベル1は手が太ももにつく、レベル2は手に膝が付く、レベル3は手がすねにつく、レベル4は指先が床につく状態です。

レベルが分かったところで前屈ストレッチをしていきましょう。
まずはレベルに関係なくまず準備運動としてつま先ジャンプや片足伸ばし前屈などを行っていきます。

レベル別の前屈ストレッチ

レベル1と2の場合、目指すのはレベル3の状態です。

やるべきことは前ももとふくらはぎの筋肉を柔らかくすることです。
まずアキレス腱を伸ばすこと、前腿伸ばしをしましょう。

レベル3の場合はレベル4を目指していきます。
レベル3になると直接太もも裏のハムストリングスに効くストレッチをすることができます。

やるべきことはあぐら前屈、足首つかみ前屈です。

レベル4の場合は太もも裏をさらに柔らかくして前屈をマスターするようにストレッチをしていきます。
足開き前屈や座り裏太もも伸ばしを行いましょう。

ストレッチは1日5分行うと約2週間で効果が出てくるとされています。

簡単にできるものばかりですが、素人判断で進めていくと太ももを痛めてしまうなどの危険があります。
これらを具体的に説明している書籍がありますのでそれらを参考に行ってみて下さい。

まとめ

前屈をする機会はそうそうありませんよね。
学生時代の体力テストなど以外ではしないような気がします。

しかし太ももの裏にあるハムストリングスが弱ってしまうと身体全体から老けオーラが出てしまいます。

簡単にできるストレッチばかりなので、空いた時間を使ってハムストリングスを鍛えることができます。

しっかりと鍛えて猫背を予防する、老けたと言わせない身体を作っていきましょう。


2017年8月20日 17:00


  • 気になる介護ニュース
    アクセスランキング

    Sorry. No data so far.

    入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    Sakouju noteの知恵袋

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop