福岡県の介護施設の特徴と件数の推移

福岡県の介護施設・老人ホームについて

福岡県の介護施設・老人ホームの特徴と件数の推移についてのイラスト 福岡県は九州でも随一の都市と言えます。九州での県民所得は圧倒的に多く、様々な食や伝統的な文化を残す福岡県は日本有数の観光地としても有名です。
そんな福岡県の介護施設・老人ホームはどのような特徴があるのでしょうか。


福岡県のサ高住を検索バナー

福岡県における介護施設・老人ホームの増加数

福岡県のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は?

福岡県のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、平成25年には130件でしたが、平成28年には205件へと増加しました。
とくにサ高住は福岡市での増加率が高く、都市部での生活を望んでいる高齢者や、通いやすさを重視している家族からの人気を集めています。
しかし、地価の高い都市部に新設されたサ高住はどうしても居住面積が小さい傾向にあります。
居室の広さを考慮しない高齢者には問題ないかもしれませんが、田舎の広い家屋でのびのびと暮らしていた人にとっては少し窮屈に感じる部分もあるかもしれません。
そうとはいっても、車椅子での生活にも不自由がない程度の十分な広さはあるので、日常生活での心配はありません。

福岡県におけるサ高住の増加数

福岡県におけるサ高住の増加数についてのグラフ

福岡県の有料老人ホームの動向

福岡県の有料老人ホームは、平成24年には236件でしたが平成26年には338件に増加しています。こちらは東京都に次いで2番目に多い件数です。
入居にかかる費用は数十万円〜数百万円、月額利用料は10万円〜20万円前後の一般的な費用の有料老人ホームが大半ですが、福岡市や北九州市には高級有料老人ホームも少なくありません。
なかには入居一時金数千万円、月額利用料30万円以上の施設もあります。
そういったところの中には、例えば病院が経営母体で、24時間看護体制がとられているなど手厚い介護サービス・看護サービスを期待することができるなど、何らかのメリットがあるため、かなりの高額であるにもかかわらず入居待ちになっている施設もあります。

福岡県の特別養護老人ホームの動向

福岡県の特別養護老人ホームは、平成24年には277件でしたが平成28年には350件になっています。60床以上の大規模な特別養護老人ホームもあり、もちろん相部屋も存在します。
最近ではプライベートを重視する高齢者も少なくないため、個室で入居するためサ高住などを希望する人も増えています。
また、国の政策としても施設から地域へ介護の場を転換しようという動きが見られるので、今後、特別養護老人ホームが果たしてきた役割は他の施設が担っていくことも予想されています。

福岡県のグループホームの動向

福岡県のグループホームは、平成24年には595件、平成26年には638件になっています。
これは全国的に見てもかなり多い方で、認知症を患っている方でどうしてもグループホームに入居したいなら福岡県で、という選択もひとつでしょう。
認知症の進行を遅くするには自宅介護よりもグループホームが良いという研究もあります。ほどよく目配りの行き届いたプロの介護士のもとである程度自立した生活をすることが認知症の改善にもなるというのです。

福岡県のケアハウスの動向

福岡県のケアハウスは、平成24年には54件でしたが平成26年には55戸とほぼ横ばい状態です。
そうとはいっても、いまだ九州随一の件数を誇っていますし、全国的に見てもかなりの高水準です。
核家族世帯が比較的少なく大家族が多い地域でもあるので、アットホームな雰囲気のケアハウスは好まれる傾向にあるといえるでしょう。
しかし、ケアハウスは入居時費用が高めな場合もあるので、今後は似たような施設でありながらよりリーズナブルに利用することができるサ高住を変わりに利用する人も増加するのではないかと考えられます。

福岡県の介護施設・老人ホームの動向

以上のように福岡県の介護施設・老人ホームの件数は全国平均を大きく上回っています。
ほとんどの大都市圏では施設の件数こそ莫大ですが、高齢者の増加に追いついていない状態の中、福岡県は例外的なケースといっても過言ではないでしょう。
福岡県の介護施設の特徴と件数の推移についてのイラスト 2014年時点の福岡市の総人口は約510万人で、そのうちの65歳以上の高齢者は約128万人で高齢化率は25.1%と高い水準ですが、それに対応するようにしっかりと介護施設・老人ホームが増設されています。
しかし、高齢化率は年々上昇していて、急速に超高齢化社会へと向かっているといえます。
とくに過疎化が深刻な添田町、香春町、東峰町などでは軒並み高齢化率が30%を越え、施設の需要も高まる一方で早急な対策が望まれています。
しかし、福岡県の介護施設・老人ホームの多くは福岡市と北九州市という政令指定都市に集中していて、それ以外の周辺部では必ずしも満足な件数があるとはいえない状況です。
介護施設・老人ホームの形式別の動向を見てみると、有料老人ホームやグループホームそ施設数は他県と比べると非常に豊富です。またサ高住の台頭も著しく、アットホームな環境を求めている人にもぴったりの施設を見つけることができそうです。
家庭的でコンパクトな小規模施設から、大人数ではあるものの広々と過ごすことができる大規模施設まで選択肢の幅が広いこともこのエリアの特徴です。
入居時費用も無料の場合もあれば1,000万円越す介護施設・老人ホームもあり、月額利用料も10万円以下〜30万円以上ありと、予算や自分の希望に応じた施設を選択することができそうです。

福岡県における介護施設・老人ホームの増加数

福岡県における介護施設・老人ホームの増加数についてのグラフ
福岡県のサ高住を検索バナー


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop