埼玉県の介護施設の特徴と件数の推移

埼玉県の介護施設・老人ホームについて

埼玉県の介護施設・老人ホームの特徴と件数の推移についての画像 埼玉県は東京都のベッドタウンとしての認識が最も強いかもしれません。しかし、県北部では農業が盛んに行われており、また工業地帯としても顔も併せもちます。現役時代に埼玉県に移り住み、そのまま埼玉県で老後を、という方も少なくないでしょう。
そんな埼玉県の介護施設・老人ホーム特徴に注目してみましょう。

埼玉県のサ高住を検索バナー

埼玉県における介護施設・老人ホームの増加数

埼玉県のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は?

埼玉県のサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、平成25年には147件でしたが平成28年には315件に増加しています。全国的に増加傾向にあるサ高住ですが、わずか3年の間に2倍を超える増加率というのは全国でもなかなかないハイペースです。
サ高住の中では自立している方を対象にしているところも少なくありませんが、埼玉のサ高住は介護サービスが充実しているところが少なくないのも特徴のひとつです。
また、もちろん県庁所在地であるさいたま市にはサ高住が多く見られますが、県内全体的にサ高住が分布していることも注目できるでしょう。
上記のように、介護・医療対応が可能なサ高住がある中で、十分なサービスを受けられない施設もありますから、サ高住選びの際は注意が必要といえます。

埼玉県におけるサ高住の増加数

埼玉県におけるサ高住の増加数についてのグラフ

埼玉県の有料老人ホームの動向

埼玉県の有料老人ホームは、平成24年には203件でしたが平成26年には250件と増加しています。全体的な介護施設・老人ホームの数が増えていることから、埼玉県では介護施設のニーズが高まっていると言えるでしょう。
埼玉県の有料老人ホームは、入居時にかかる費用は平均して数百万円程度、なかには0円というところもあり、月額利用料金も10万円から20万円ほどの施設も多いため、東京や神奈川にくらべてリーズナブルなので老後は埼玉県で暮らそうという方もいらっしゃるでしょう。

埼玉県の特別養護老人ホームの動向

埼玉県の特別養護老人ホームは、平成24年には298件でしたが平成26年には348件になっています。都心部に近いとほとんど順番が回ってくることが期待できないような待機人数の施設も目立ちますが、周辺部では比較的短期間で入居できるところもあります。
ただし、アクセスに関しては非常に不便なケースもあるので、その辺りも考慮して慎重に施設選びを行いたいところです。

埼玉県のグループホームの動向

埼玉県のグループホームは、平成24年には359件、平成26年には390件と増えています。他の都道府県に比べると居室数が多いグループホームもあり、認知症を患っている方でも入居しやすいと言えるでしょう。
しかし、住民票が同一の市区町村にあることがグループホームの条件となりますので、注意が必要です。

埼玉県のケアハウスの動向

埼玉県のケアハウスは、平成24年には65件でしたが平成26年には66件に微増しています。これは全国的に見ても、多い数といえます。
もともとは自立した生活をおくることができる人だけが対象のケアハウスでしたが、埼玉県では特定施設入居者生活介護(特定施設)の指定を受けたケアハウスが誕生していることも特徴のひとつです。
特定施設の指定を受けたケアハウスでは介護を必要とする人3人に対して介護職員1名を配置することが義務付けられています。特別養護老人ホームと同レベルの介護サービスをより家庭的な雰囲気の中で受けることができるということになり、注目されています。

埼玉県の介護施設・老人ホームの動向

以上のように埼玉県の介護施設・老人ホームは全国的に見ても建設が進んでいる傾向にあると言えます。県内の高齢化率や高齢者人口を考えると、介護施設・老人ホームの増加も納得できるでしょう。
埼玉県の介護施設の特徴と件数の推移についてのイラスト とはいえ、新たに建設された介護施設・老人ホームの多くは都心部に建設されています。相対的に周辺部では立地など様々な側面から思っていた介護・医療サービスが受けられなかったり、気候的にも40℃を越す猛暑に見舞われるエリアもあるので、施設探しにあたっては注意したいところです。
2014年時点での埼玉県の総人口は約724万人で、そのうちの65歳以上人口は約173万7000人なので高齢化率はおよそ24%と全国平均からしても比較的低い水準です。
しかし、2040年には高齢化率は34.9%にまで急上昇することが予想されています。それは、都心のベッドタウンとして発達してきた埼玉県ならではの宿命でもあるかもしれません。
高度成長期から現在に至るまでニュータウンとしての開発がさかんだった埼玉県は団地も多く、団塊世代に続いて団塊ジュニアが一気に高齢化するため、高齢者人口は急増すると予想されています。
現在も急ピッチで介護施設・老人ホームの建設がすすめられていて、一見十分なようにも見えるかもしれませんが、全国でもトップレベルの高齢化率を考えるとけっして満足できるとは言えないでしょう。
あわせてゴーストタウン化しつつある団地コミュニティをどう再生させるかというのも問題になっています。

埼玉県における介護施設・老人ホームの増加数

埼玉県における介護施設・老人ホームの増加数についてのグラフ
埼玉県のサ高住を検索バナー


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop