介護保険の対象となる16疾病について

介護保険の65歳未満の利用

介護保険の対象となる16疾病についてのイラスト 介護保険は通常、65歳以上の人が対象となっているもので、若い人は関係ないと思われがちです。しかし、中には65歳未満であっても、病気や障害になってしまい、介護が必要になる人もいるでしょう。こうした介護が必要となりえる病気に関して厚生労働省では「特定疾病」とし、65歳未満であっても要介護認定が下りれば、介護保険制度を利用してサービスを受けられるように定めています。

介護保険の特定疾病の種類

介護保険では、以下の16疾病に関して介護保険法施行令第二条に定め、40歳から65歳未満の介護保険の利用を認めています。

がん【がん末期】

(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。) 余命6ヶ月程度であることが診断基準となっています。

関節リウマチ

自己免疫疾患の一つであり、手足などの関節に炎症、痛みが起こり、関節の変形が起こる病気です。完治のための治療法は確立されていません。

筋萎縮性側索硬化症

手足・のど・舌などの筋肉の萎縮が起こる運動ニューロン病であり、早い進行で発症から数年で人工呼吸器の装着が必要となります。難病の一つに指定されており、治療は対症療法が中心です。

後縦靱帯骨化症

後縦靭帯の骨化によって脊柱管が狭くなり、神経が圧迫され知覚障害や運動障害が起こります。

骨折を伴う骨粗鬆症

骨粗鬆症によって日常生活でも骨折を引き起こす状態をさします。

初老期における認知症

40歳から64歳までに起こる若年性認知症をさします。アルツハイマー病や前頭側頭型認知症、血管性認知症などによって発症します。

進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病

いずれも運動障害が生じて日常生活に支障が出ます。進行性核上性麻痺では認知症が出ることがあります。

パーキンソン病関連疾患

脊髄小脳変性症

小脳から発症するふらつきや震えなどの運動失調症状をさします。

脊柱管狭窄症

脊柱管が狭窄して神経を圧迫し、足の痺れや痛みが出ます。休むと症状が回復することが特徴です。

早老症

遺伝子によって起こる染色体の不安定性のために通常よりも早いスピードで老化現象が始まる難病です。

多系統萎縮症

線条体黒質変性症、オリーブ橋小脳萎縮症、シャイ・ドレーガー症候群などがあります。

糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症

糖尿病の合併症でそれぞれ糖尿病が悪化すると現れ、症状が進むと治癒が難しくなります。

脳血管疾患

脳梗塞と脳出血、クモ膜下出血などがあります。

閉塞性動脈硬化症

動脈硬化に伴う動脈の閉塞が腹部大動脈末梢、四肢の動脈などで起こるものです。

慢性閉塞性肺疾患

慢性の気管支炎、肺気腫、喘息、びまん性汎細気管支炎など。

両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

以上の16疾患のうち、がん、関節リウマチ、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病、多系統萎縮症は平成18年に追加、見直しがされたものです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop