介護にかかる負担を軽減するには?

介護の費用負担はどのくらい?

介護にかかる負担を軽減するには?についてのイラスト 介護をしていくなかで、どうしても介護費用というものはかさんでしまいます。例えば、老人ホームの利用や医療費、住宅をバリアフリー化するためのリフォーム、介助用具、介護に必要なおむつなどの日用品など、人によって異なりますが様々なことに費用がかかってしまいます。一般的に、一月にかかる介護費用は、平均しておよそ7~8万円とされています。しかし、この平均費用にリフォームや車椅子などの初期費用を足すと、1年間でおよそ200万円ほどかかってしまう場合もあるのです。

介護における家族への負担は?

介護は費用だけでなく家族への負担にもなってしまうケースもあります。何故かと言うと、在宅介護を行っている場合、仕事で帰ってきてもそのまま休みなく介護したり、認知症を患ってしまった方だと、何度同じ話をしても忘れてしまうので何回も同じことを話すということが苦痛になってしまうためです。肉体的というより、精神的な負担が大きくのしかかってしまい、介護をしている方も身体を壊してしまうというケースは少なくありません。

介護の負担をなるべく軽減させるためには?

介護はどうしても上記のような負担がかかってしまいますが、現在ではご家族の負担がなるべく軽減されるよう、様々な介護サービスが行われています。例えばサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)では、要介護の方も住みやすいように介護サービスを提供する施設が併設されている事が多いので、個別に契約する事で家事の援助や入浴・排泄・食事の介護、リハビリなどの様々な介護サービスを受けることができます。このような施設は月額10~30万円程で利用できる場合が多く、肉体的・精神的な負担を考えると、一度検討してみるべきだと言えるでしょう。
こういったご家族の介護の負担を軽減できるようなサービスは、高齢化社会の今、確実に増えてきています。まずはご家族や介護を必要とされるご高齢者でどういったサービスが良いか、どのサービスを利用してより良い介護を行っていくかを話し合うことが大切です。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop