介護レベルの種類と目安は?

「介護サービスがどれくらい必要か」を判断する介護レベル

介護レベルの種類と目安は?についてのイラスト 介護保険が適用する介護サービスを利用するためには、市町村から「要介護認定」もしくは「要支援認定」を受けなくてはなりません。その際に重要になるのが「介護レベル」。「介護度」とも言います。要介護者は、病気の重さや介護の必要性など本人の状態から7段階にレベルが区分けされます。介護保険の給付額や受けられるサービスも介護レベルによって異なるので、とても重要なものだと言えるでしょう。

介護レベル判定の基準とは

では、どういう状態ならどの介護レベルに認定されるのでしょうか。個々のケースによって左右されることもありますので、目安として以下を参考にしてください。

要支援

要支援1

食事や排泄など身の回りのことはほぼ自分でできるため、要介護とは言えない状態です。ただ立ち上がりが不安定など一部の生活機能が低下しており、心身機能の向上や維持のためにサポートが必要な場合があります。

要支援2

生活の一部に時々介助が必要な状態です。食事や排泄などは基本的に自分でできますが、掃除や入浴など部分的なサポートが必要となります。立ち上がりや歩行に困難が見られることがあり、介護サービスを利用することで改善が見込まれる状態です。

要介護

要介護1

状態としては要支援2と同程度ですが、動作や歩行が困難な場合が多く、物忘れがある場合もあります。

要介護2

軽度の介護を必要とする状態です。食事・排泄といった身の回りのことや、掃除・着替えなど全般の動作に何らかの介助が必要となります。立ち上がりや歩行には何らかの支えが必要で、認知機能にもやや低下が見られます。

要介護3

中度の介護を必要とする状態です。目安としては「自分一人で歩けない状態」で、食事や排泄などにも全般的な介助が必要になります。また認知症を有している場合、問題行動を取る場合もあります。

要介護4

重度の介護を必要とする状態です。食事・排泄や入浴・着替えなど日常生活を送る機能が著しく低下しており、全面的に介助が必要となります。一人で立っていることが難しく、ほとんど寝たきりの生活となるでしょう。知的能力の低下も顕著です。

要介護5

最も重い状態です。自分の力で食事や排泄ができず、あらゆる面で全面的な介助が必要になります。問題行動を起こすことも多く、意思の疎通がほとんどできないことも。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop