相続税の軽減措置は利用する価値がある!?

相続税軽減措置のしくみと目的

相続税の軽減措置は利用する価値がある!?についてのイラスト 相続税軽減措置とは、被相続人が所有していたと家などを相続する際に、相続税の軽減を受けることができる措置です。この軽減措置には色々な条件がありますが、これを満たしている場合には、一定額の相続税の軽減を受けることができます。軽減措置は次の世代の方が、質の高い財産をより多く継承できるように考えられ、次の代の繁栄などを目的として設定されたものです。そのために相続する財産から税金による負の財産を軽減させることによって、より財産の質を高めようという方針のもとに実施されています。

軽減措置を受けることができるのはどんなときか

遺産相続の際に軽減措置を受けられるのは、被相続人との婚姻届を提出している者や配偶者となっています。そのため、恋人や内縁の場合には適用されません。また、相続税を非課税とできる金額は1億6000万円までと決まっています。そのため、それを超える金額であったり、法定相続分を超えている場合には適用されません。さらに、相続税の申告期間までに財産の確定が行われている必要があるので、遺産分割などをきちんと行っておく必要があります。
他にも減税措置には様々な種類があり、相続人の年齢や障害者である場合などあらゆる控除を受けることができます。もし減税の対象にならなかった場合でも、短期間に相続が相次いで行われた場合に適用するものなどもあるので、遺産相続が多いと受けられないと限られてはいません。いろいろな場合に合わせ相続税からの一定額差し引きを行う事が出来ます。

軽減措置を受けられる場合の例とは

遺産相続の軽減措置の中で多いものが、小規模宅地の減額です。分かりやすい例を紹介すると、「お父さんが亡くなってしまい、マイホームである自宅を相続することになった」というものがあります。この場合、配偶者と同居していた親族が住み続けることや、一緒に住んでいなかった場合にも、配偶者が取得する場合には適用が可能です。この場合、相続いた土地の330平方メートルまでを相続税の対象から減額できます。価格の評価額の80パーセントまで減額ができます。
しかし、注意したいのが「住んでいる・またはこれから住むこと」が条件となっていることです。もし相続後にすぐに売りに出してしまう場合や、住まないといった場合には、この軽減措置を受けることはできませんので注意しなくてはなりません。相続税の軽減措置は受けられる人にとっては非常に大きな金額の差が生まれますので、相続が決まった場合には素早く相続内容や金額の確定が出来る様にし、こうした処置を受けられるようにしましょう。

相続税の軽減措置

相続税の軽減措置についての表


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop