年金の仕組みについてわかりやすく解説

年金とはどういったものなのか?

年金の仕組みについてわかりやすく解説についてのイラスト 年金というものは一定期間の間、定期的に金額が給付される制度のことを言います。支給金額はそれぞれの人で異なり、年金の加入状況や支払い状況によっても異なってくるのです。年金は偶数月ごとに支払われるため、2ヶ月分が支払われます。通常、年金は65歳になると年金が支払われる仕組みとなっており、また年金と一口に言っても様々な種類があります。では、具体的にどういった種類のものがあるのでしょう?

年金の種類について

国民年金

国民年金は、20歳以上60歳未満の方全てが加入している年金で、基礎年金を受け取ることが可能です。国民年金にも被保険者という種類があり、第1号・第2号・第3号の種類ごとに保険料の納め方が変わってきます。

厚生年金

厚生年金は厚生年金保険を適用している事業所・会社に勤務していれば加入できる年金で、国民年金に加えて厚生年金を支払うことで、老後にその加算分の年金を受け取ることが出来ます。

共済年金

共済年金は公務員や私立学校の教員が入れる共済組合に加入しているともらえる年金で、健康保険と同じように給付される短期給付と年金給付と同じように給付される長期給付の2種類があります。

私的年金

国民年金・厚生年金・共済年金は国が運営しているため公的年金とされていますが、この他に民間が運営している年金というものがあり、まとめて私的年金と言います。自由に選択することができ、加入していなくても問題ありません。

実際にどのくらい受給できる?

厚生労働省によると、平成25年度の国民年金の平均受給月額はおよそ6~7万円となっています。しかし、中には3万円以下という方から7万円以上受給しているという方もいらっしゃいます。この金額ではなかなか生活をしていくのは難しいですが、この他の年金や生活保護費などを活用して生活している方も多いようです。そのため、この年金の金額内で利用出来る介護サービス、例えばサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)や、介護施設などを見つけて選択するべきでしょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop