サ高住に入居する際一時金は必要なのか?

基本的に「賃貸借契約」を取ることが多いサ高住

サ高住に入居する際一時金は必要なのか?についてのイラスト サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)という言葉の通り、サ高住は基本的に「住宅」です。アパートやマンションと同様に、「賃貸借契約」という契約形態を採用している場合がほとんど。介護サービスを利用する際には別途契約が必要になりますが、住宅部分の利用については建物賃貸借契約を結ぶことになります。そのため有料老人ホームなどと異なり、入居前に「入居一時金」という形で高額な費用を請求されることはないでしょう。一般契約・終身契約ともに同様です。
ただし、賃貸借契約ということは一般的なアパートなどと同じく「敷金」がかかる場合もあります。そのため一時金として入居時に費用が必要なケースもあるので覚えておきましょう。ただ、敷金程度の一時金なら、合計でも数十万円程度が相場。有料老人ホームなどよりはかなり安く済むはずです。また敷金ではなく、月額利用料の前払い金を一時金として請求されるケースもあります。

入居前に必ず一時金の有無を確認しよう

もちろん敷金がないサ高住もありますので、一時金は施設によって0円~数十万円とかなり差があります。場合によっては数百万円かかる施設もあるので、必ず入居前に確認しておきましょう。また、賃貸借契約ではなく利用権契約を採用しているサ高住もあります。介護保険サービスの「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた施設(特定施設)では、定額で食事・排泄・入浴などの介護サービスを受けることができます。サ高住でも近年特定施設に指定される施設が増えてきました。特定施設の場合、有料老人ホームなどと同じく入居時一時金が必要になります。入居を考える際には、どんな施設なのかしっかり確認しましょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop