相続するのは生前贈与の方がいいのか?

相続問題

相続するのは生前贈与の方がいいのか?についてのイラスト お金がないから、相続するものがないから大丈夫などと、特に遺言書も残さずにいる方も多くいると思いますが、相続問題にお金の有無は関係ありません。現金ではなく、土地や住んでいた一軒家がある場合でも、相続問題は起こることがあります。一軒家しか残っていないが、兄弟が多くいた時は、分け方をどのようにしていくか、なども問題になってきます。相続問題ではさまざまなトラブルが多少なりとも起こる可能性があります。そんな時は生前贈与という方法があります。

生前贈与のメリット

生前贈与であれば、自分がしたいように贈与できるので、のちに残された方も問題や、トラブルも少なくなるでしょう。生前贈与は数年にかけて自分の財産を分与する方法で、毎年110万円以内であれば、贈与税がかかりません。ですので、低額の贈与契約書を作成して、預金を贈与していく方法は最も税金がかからずに行える良い方法になります。さらに特例として、結婚や子育てに関する税金が1,000万円まで非課税で贈与できますが、期限が平成31年3月末までとなっています。

デメリットとは

遺言書などが存在しない場合は、相続人での話し合いで、どのように相続するかが決まります。ここで、問題なく分割されるのであれば、良いのですが、負債があった時や、土地はどう分けたら良いのかなど、さまざまな問題が起こってくる事もあります。問題を少しでも回避したいのであれば、公正証書遺言を書いておくか、生前贈与しておくなど、生きているうちに今後についての話し合いを、相続する人が立ちあって行う方が良いでしょう。
公正証書遺言であれば、遺言者が亡くなった場合でも、きちんと指定した人に名義変更が行われるので、安心できる方法になります。土地を持っている場合は、この方法で遺言者の死後に名義変更が行われるため、贈与税や不動産所得税もかかることはありません。

土地の相続なら社会貢献できるものを

土地を相続しても多額の税金がかかってしまいますが、この相続税を引き下げる方法として、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を建築して、賃貸で経営することが良いとされています。これによって、敷地の評価額、建物の評価額が控除されて、相続税の減額に繋がっていきます。さらに規定の要件を満たしているサ高住として登録されることを条件に、建設補助金が交付されるようになります。
高齢化が進む現代には、多くの需要が見込まれているので、補助金や、税金の優遇が受けられます。今後土地は、このような社会貢献できて、税金などの補助も受けられる方法で、活用していくのが良いでしょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop