相続手続きの方法を詳しく説明

相続手続きとは

相続手続きの方法を詳しく説明についてのイラスト 相続手続きは、相続を行う上で必要な手続きになっています。相続放棄される場合や、相続税がかかるような場合以外は、期限に迫られながら相続する必要はありません。ですが、市役所などに死亡届などが提出されてしまうと、すぐに預金口座などが凍結されてしまい、その後に相続手続きを行わなければ、相続人への名義変更や、口座からの払い戻しといったこともできなくなってしまいます。そのため、ほとんどの場合は早めに相続手続きを行わざるを得ないのです。

相続の流れ

まず、相続の手続きが始まるのは、死亡した時から始まります。今後手続きを行う際は、基本的に亡くなった日を基準に行うようになるので、覚えておきましょう。おおまかな相続は相続手続き開始から、約10ヶ月以内に行うようになります。
①遺言書などが存在している場合は、今後の手続きに関係してくるので、遺言書の有無は必ず確認しましょう。もしも自筆証書遺言や、秘密証書遺言がある場合は、家庭裁判所で検認手続きが必要になります。遺言書がない、または遺言書が公正証書の場合は、そのまま相続人の調査や確定になります。
②相続人は法定相続人が相続される場合がほとんどですが、調査を行うと相続権の有無がはっきりとわかります。
③相続財産の確認を行います。預金額や、現金だけでなく、不動産や借金なども具体的な数字で確認する必要があります。ここで、きちんとした相続金額がわかるのですが、債務が多かった場合などは、財産も債務も一切相続しないように相続放棄をする必要があります。しかし、相続はしたいが、債務は相続したくない時は限定承認を行います。限定承認とは、相続財産から負債の清算を行い、相続財産が残れば、相続人全員で分割する方法です。もしも負債が多く残っても、相続する必要はありません。
④相続金額がはっきりとわかった後で、相続人が一人でない場合は、財産分与協議を行います。
⑤相続した物に対する相続税の申告をする必要があります。この相続税の手続きは相続税が基礎控除金額を超過した時などに行います。基礎控除金額に収まる場合は手続きの必要はありません。
⑥相続する人や物が決まった後には、名義変更が必要になってきます。遺産分割の内容に基づいて、不動産や預金の払い戻しの手続きを行ってください。時に期限はありませんが、早めが良いでしょう。他にも健康保険や、年金などの手続きも行わない限り、給付を受けることができません。早めの手続きが必要となってきます。

相続税対策として

このように多くの手順をして初めて相続したことになりますが、現在では相続税対策としてサービス付き高齢者向け住宅を有効活用しようと提案されています。法人化することで、節税が行えて、固定資産税の対策も行えるので、活用していった方が今後のメリットが多くあります。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop