低価格施設のメリットデメリット

サ高住低価格施設のメリットはやはり料金の安さ

サービス付き高齢者向け住宅の低価格施設のメリットデメリットについてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)と一言にいってもお値段はさまざまなものとなっており、低価格施設も存在します。 低価格施設の一番のメリットはやはり料金の安さです。 何かとお金がかかることが多いのでせめて施設を安く利用することでその他のことにお金をあてることができます。 また長く住むなら安いほうが金銭的な負担だけではなく、精神的な負担も軽減されます。 一般的な賃貸物件よりも高齢者が契約しやすく、住みやすく、入居者の権利が守られます。 また高齢者が住みやすい家のつくりとなっており、事故の防止にもつながります。 入居者の自由度が高いというところも評価を得ています。 介護サービスは個別に必要なサービスを契約することとなっており、介護があまり必要でない方は無駄な費用が省け、介護が必要な方や一人で生活がしにくいという方は必要なサービスのみを契約できる仕組みになっています。

サ高住の低価格施設の注意点

サ高住の低価格施設はリビングなどが、施設によっては共同となっている施設もあり、共用部の広さによって金額も異なるので低価格の物件はよく比較することが大切です。 デメリットとしては連帯保証人が必要であったり、重度の介護状態では住み続けられない場合などが挙げられます。 また、低価格の施設では食事の提供が付随していない場合や、細かな諸費用が自己負担となっているため、低価格設定を可能としているケースもあります。入居を検討される際、メリットやデメリットについて、その物件の情報を本サイト内で確認されるのもよいかもしれません。 Sakouju noteでは施設の物件情報が掲載されているので、気になる施設にまとめて資料請求をし、見比べることが重要ではないでしょうか。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop