サ高住の費用は安い?

サ高住では必要なサービスにより個人の費用は変わります

サービス付き高齢者向け住宅でかかる費用は安い?についてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)はバリアフリー構造で安否確認サービスと生活相談サービスが提供される、高齢者向けの賃貸住宅であり、介護サービスを利用したい場合は入居者が個別に契約をし、費用を払う必要があります。自分で自由にサービスを選ぶことができ、自宅で介護を受けるのと同様の魅力があります。 もっとも、サ高住についてはまだ知名度や理解が不足しており、費用が安い有料老人ホームと思い込んでいる方や、介護サービス付きのリーズナブルな高齢者住宅と誤った認識をしている高齢者やそのご家族も多いため注意しなければなりません。

サ高住での初期費用や月額費用は?

あくまでも賃貸住宅であるため、その住宅にもよりますが、敷金や前払金などのまとまった初期費用が必要になる場合があるほか、家賃に相当する月額利用料が必要になります。 サ高住によって異なりますが初期費用はなし~数百万円、月額費用は10万円~30万円程度など大きく差があります。 そのほか、生活支援などのサービスが受けられる場合のサービス支援費や食事オプション料、部屋ごとの水道光熱費やその他オプション料などが必要になることもあります。
サ高住の事業所が特定施設入居者生活介護の指定を受けていない場合は、要介護度が高い場合、介護サービスの限度額を超えてしまい、自己負担額が膨らむ場合があるため気を付けなければなりません。 そのため、費用面では必ずしも安いとはいえませんが、一般的な賃貸住宅より高齢者が借りやすく、安心して暮らせ、退去時には敷金の返還が受けられる点でメリットがあります。

利用料金の平均

利用料金の月額平均金額は130,570円、内訳は家賃と食費が多くを占める。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop