サ高住に分譲はあるのか?

サ高住では現時点で所有権分譲方式は見られません

サ高住に分譲はあるのか?についてのイラスト サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の入居スタイルは、賃貸契約がほとんどとなっています。普通賃貸契約や終身で、賃料を払い続けて退去時には原状復帰が求められることが多くなります。そんな賃貸では資産とはならず、退去時には入居期間によっては返金もありません。そのため、分譲でサ高住に住みたいと考える方もいるのではないでしょうか。サ高住では現時点で所有権分譲方式を採用しているものは見られません。しかし、高齢者の住まいの形は種類も増えてきています。
中にはシニア向け分譲マンションというサ高住に似たシステムながら、所有権を持ち資産として相続や運用もできるタイプの住まいもあるのです。さらに老人ホームやサ高住とは違い、所有者である高齢者自らがそのマンションの管理運営のため権利を持っており、サービス内容も住民の総意で変えることも可能となります。シニア向け分譲マンションは非常に自由度が高く、住居部分も広いため夫婦での入居もできます。

シニア向け分譲マンションの注意点

シニア向け分譲マンションを考えるときに注意すべきなのは、サービスや施設の基準がなくそれぞれのマンションごとに違いがある点です。バリアフリーや食事サービス、食堂の設置などは多くのシニア向け分譲マンションで設けられていますが、一定の決まりがあるわけではないためその内容などの見極めは必要です。また、介護度の軽い人向けのマンションが多いため、介護度が重くなった時のことも考える必要があります。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop