介護保険の第1号被保険者とは

介護保険の介護サービス対象者とは

介護保険の第1号被保険者とはについてのイラスト 介護保険では、介護サービスの対象者として、第1号被保険者と第2号被保険者に分けられております。第1号被保険者とは、年齢が65歳以上の人で市町村への申請をして、要支援や要介護の認定を受けた人が対象となります。また、第2号被保険者とは、40歳から64歳までの人が対象となります。介護保険料の支払いが始まるのも満40歳からです。その中で厚生労働大臣の定めた特定疾病にかかって支援や介護が必要となった人は、第1号被保険者と同様の支援や介護サービスを受けることができます。ただし市町村への申請をして、要支援や要介護の認定が必要です。

介護保険の特定疾病の基準

介護保険の特定疾病は、主に加齢が原因で起こる疾病であり、老化によって起こるとされているものです。日常生活に支援が必要となり、要介護認定や要支援と認められると介護給付や予防給付が受けられるようになります。特定疾病には16の疾患が認められており、完治の難しいものや治療法が確立されておらず、進行すると重い運動障害や知覚障害を引き起こし、寝たきりになったり生活に支障が出るなどの状態となるものがあります。

介護保険の保険料の支払いについて

介護保険料は満40歳の人全てが支払う義務がありますが、40歳以上64歳以下の人と65歳以上の人では介護保険料の支払い方法が違います。40歳になったら、第2号被保険者として、加入している医療保険と合わせて介護保険料が徴収されることになります。介護保険料はその人の入っている保険や住んでいる地域、収入額などによって決められます。国民健康保険では、世帯主の保険料と一緒にその世帯の介護保険が徴収されることになっています。
65歳以上になると、その人は第2号から第1号被保険者になります。第1号被保険者になると、徴収方法は特別徴収と普通徴収に分かれ、特別徴収では年金から天引きとなります。普通徴収の場合には納付書などで支払いをします。年金を一年間で18万円以上(月額1万5千円以上)もらっている人は特別徴収です。65歳以上の人の介護保険料は住んでいる市区町村で決められた基準月額と、その人の所得等によって金額が違います。保険料は、3年ごとに見直しをすることになっており、所得の段階によってそれぞれ支払う金額が変わります。改正によって細かい区分けとなり、所得の低い人からの負担が重くならない仕組みとなりました。

第1号被保険者と第2号被保険者の違い

第1号被保険者と第2号被保険者の違いについての表


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop