サ高住の選び方

サ高住は様々なタイプがあります。

サービス付き高齢者向け住宅の自分に合った選び方についてのイラスト
医療法人や大手企業をはじめ、JAやURが運営するサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)が増え、サービス内容についても多岐にわたり、利用者にとって選択肢が増えてきました。 サ高住は、住宅部分に関して賃貸契約を結び、生活支援サービスにおいては自由に選択できる暮らし方のことで、一般の入居か終身のどちらかを選ぶことができます。 老人ホームは施設が用意したものを全て受け入れるスタイルですが、サ高住に関しては自分の好みに応じてサービスを選択することができるので、要介護度も低く、自立した暮らしを希望する場合はサ高住の方が暮らしやすいスタイルと言えます。 自身に合ったサ高住の選び方に関するポイントは主に、住環境、費用、施設の他に、生活支援サービスの内容、介護、医療、その他のサービス内容です。

住環境やサービス面に関するポイント

住環境に関しては、最寄り駅からの交通手段や所要時間を含め、最寄りのスーパーや金融機関や病院、家族や友人が遊びに来る場合の駐車場の有無、騒音や坂道などの自然環境もポイントです。騒音についても気になる方はチェックしたほうが良いでしょう。 費用面について言えば、入居時の費用総額と月々の賃料、光熱費、オプションサービスにかかる費用や入居条件、保証人の有無などがあります。 施設は住宅全体を含め、例えば手すりはあるか、共用部分は清潔かなども気になるところです。 サービス面では、安否確認のタイミングや訪問介護などのオプションサービスの内容についても把握したいところです。また、スタッフや事業主との相性も大切です。施設を見学して、居住者とスタッフの関係や雰囲気を知ることも重要なポイントです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop