よくある併設する施設の種類は?

サ高住の特徴ともいえる併設施設

サービス付き高齢者向け住宅の併設する施設の種類は?についてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は高齢者がプライベートな生活空間を確保しながら、自身で選択した介護サービス等を受けられる住宅です。 高齢化社会のビジネスの1つとして人気が高まっており、土地や建物をオーナーから借り受け、社会福祉法人や医療法人が施設を運営したり、各法人が自ら建設して運営するケースも少なくありません。 サ高住の特徴として、いろいろな運営団体が経営する施設が併設されていることが挙げられます。 サ高住の入居者が施設サービスを利用しながら、便利で快適な生活を送れるようにする目的と、他のサ高住にはない魅力的なサービスを用意することで入居者を呼び込む狙いがあります。

サ高住によくある併設する施設の種類

たとえば、医療法人であれば病院やクリニックの敷地や隣接する場所にサ高住を建設し、定期的な健康診断はもちろん、何かあればそのクリニックの医師や看護師が駆けつけてくれる安心が提供されています。 そのほか、居宅介護支援事業所や訪問介護事業所、訪問看護事業所が運営するケースでは、入居して直ぐに運営者が提供する希望のサービスをスムーズに受けられるメリットがあります。 人気の併設施設は通所リハビリ施設やデイサービス施設で、日中は他の入居者や地域から通ってくる高齢者とともにレクリエーションやリハビリを楽しむことができます。 また、近年増えているのが学童保育や保育園などを併設するサ高住で、高齢者が小さいお子さんと触れ合うことでメンタルケアができる一方、働くママ達もたくさんの大人がいて安心して預けられるメリットが得られます。

サ高住によくある併設する施設の種類

 
併設する事業所は訪問介護事業所が最も多く、54.9%を占める。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop