サ高住の実態を考える

サ高住の実態は施設や運営者により様々

サ高住の実態を考えるについてのイラスト サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)での暮らしは、新しいタイプの高齢者住宅であることから実態が掴みにくいこともあります。その他の入居型高齢者施設と比較してみると、介護サービスの受け方が違うため、不安を抱えることもあるでしょう。サ高住選びには、長期的に住まいと介護をどのようにするかを描いておくことも必要です。サ高住では、元気ではあるものの独居や高齢者だけでの暮らしに不安が有るという人たちの入居が主体となっています。サ高住の実態はその施設や運営者によって違いもあるため、実際に受けられるサービス内容を見ることが必要です。

サ高住は仮の住まいにも利用できます

サ高住の入居者の要介護度は自立、要支援、要介護1、2などの比較的低い人が多く、日常生活の支援が必要な人もいますが、入居者の約3分の1は認知症もなく、自立の状態となっています。そのため、サ高住の入居者では元気なうちに入居しておいて、必要に応じて介護サービスを契約したり、要介護度が高くなったら他の入居型介護施設への入居を考えるということもあります。
また、退院後の回復期における生活を安全に送るために一時的な入居を希望する人もいます。自宅のバリアフリー化のためのリフォーム時にも安全な仮住まいとなります。安全確認サービスや地域医療との連携、入居の契約などが一時的な回復期の入居に適しているためです。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop