重要事項説明書の内容とは?

サ高住入居にあたり重要事項説明書は重要です

サ高住における重要事項説明書の内容についてのイラスト サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の契約は、一般の賃貸住宅での契約と同様の賃貸契約が行われるとともに、それに付随しているサービスについての契約もあります。重要事項説明書には、こうした細かな契約内容の取り決めが書かれており、入居前の契約時には内容をきちんと把握しておき、その後の生活や退去時などに不利にならないように注意が必要です。重要事項説明書で注意したい点は、入居時や毎月の支払いで掛かる金銭の内訳や入居の条件、保証人の責任の範囲などで、金銭にまつわることと途中での退去の必要性など生活に関わることを中心に押さえておくことが必要となります。

重要事項説明書のチェックポイント

サ高住の重要事項説明書では、まず入居費用の確認が大切です。サ高住では部屋の賃貸契約とサービスの契約があります。緊急対応などの安全対策の他、生活に必要なサービス内容にもチェックします。また、共益費の内訳なども確認が必要です。居住の費用は、前払いや月払いなどがあり、前払いの場合には返還金についても詳しく書かれています。退去時などに返還金の有無、保証人の責任の範囲によって、費用負担が新たに発生するなど大きく関わりますので、あらかじめ認識しておきましょう。サ高住のタイプによっては病状の悪化や介護度の重度化などで、途中での退去となることもありますので、しっかりと確認するようにしましょう。

重要事項説明書等の契約の補助的な書類の作成

 
重要事項説明書などの契約の補助的な書類に関しては74.9%と多くのサ高住が作成している。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop