クレームについて

サ高住への誤解が招くクレーム

サービス付き高齢者向け住宅に多いクレームはについてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)はバリアフリーの広々とした個室で、思い思いの生活を送りながらも、安否確認や生活相談サービスなど高齢者にとって安心して生活ができるサービスが提供される施設です。 もっとも、その対応は様々で安否確認等の必要最小限のサービスしか提供しない施設や、デイサービスなどが併設されており毎日レクリエーションやリハビリを提供する施設、医療施設が併設され医師や看護師のチェックが受けられる施設もあります。 しかし、基本的に介護サービスを受けるかどうかは本人の意思と選択に委ねられており、介護サービスを受ける場合、個別に契約することになります。 ただし、一般的に高齢者やその家族が抱くイメージとして、高齢者のケアをしてくれるという先入観があるため、入居後にクレームが出ることも少なくありません。

サ高住へ入居する際はサービス内容の確認を

サ高住は安否確認サービスがあるといっても、基本的に職員の常駐は日中のみでいいとされ、夜間の見回りは必須ではありません。 また、身体介助やおむつ交換などのサービスを受けたいときは、外部の介護サービスを個別に契約する必要があります。 すなわち、身体介助やおむつ交換、夜の見回りサービスが付随しているものと勘違いしていた方のクレームが多いようです。 利用する方の理解不足もありますが、契約前に納得がいくまで分かりやすくしっかり説明することもサ高住側に求められています。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop