サ高住は60歳以上でないと入居できない?

サ高住の入居条件とは

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は年齢が60歳以上でないと入居できないの?についてのイラスト サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)への入居可能な年齢は60歳からですが、入居を考える時、注意しなければいけないのが入居条件です。サ高住では、高齢者が安全に自立した生活を送るために必要となるケアがあるものですが、他の高齢者施設とは違った点もあるため、入居に必要な要介護レベルや自立が求められることもあります。特に疾病や介護レベルについては慎重な判断が必要です。
サ高住で最も重視したいのが、サービス内容と入居条件となる要介護レベルです。サービス内容や要介護レベルは、それぞれのサ高住ごとに違いがあり、どの程度の介護レベルまで受け入れ可能かは将来の身体機能や介護レベルの変化にまで及んで考慮すべき点でもあります。介護レベルが軽度の人を受入れているサ高住では要介護レベルが上がった時に対応できるかという点もあらかじめ知っておくことが必要です。現在のサ高住では重い要介護レベルの人も受け入れ可能なところも増えてきています。その場合でも、長期入院の場合の対応などを知っておくことが必要です。

サ高住の入居条件と対応

サ高住の基本的な介護サービスは安否確認と生活相談の二つです。この二つはサ高住では必ず提供しなければいけないサービス内容となっており、それ以外の介護サービスはそれぞれのサ高住の独自のものとなっています。この他にも居住者自らが介護サービスを外部から利用することもでき、それぞれが個々に契約を結ぶことができます。そのため、サ高住の入居条件はバリエーションが広く、安否確認と生活相談を基本としているサ高住では自立度の高い人たちを受け入れ、それ以上のサービス内容を充実させているところでは、幅広い対応が可能なところもあります。
サービス内容がそれぞれに違うため、住宅にかかる費用も大きく違うことがあり、入居時には必要な条件を満たしていることだけでなく、必要なサービスの利用も可能であるか、費用の内訳はどうなっているかなどまで判断が必要となってきます。本サイトでは詳しい入居条件を記載していますので、そちらを確認してから資料請求や見学予約をしましょう。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop