体験入居の際のチェックポイント

サ高住の体験入居のすすめ

サービス付き高齢者向け住宅の体験入居の際のチェックポイントについてのイラスト
サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は自らの生活を尊重しながら、介護サービス等を自由に選択できるスタイルの高齢者向け住宅ですが、提供業者によりそのサービス内容や居室のスタイル、共用設備などは様々です。 本サイトで施設情報を見て、気になるサ高住があれば資料請求をし、色んな施設の資料を見比べたあと体験入居をしてみるのもおすすめです。 サ高住によっては現在の空き室で体験入居をさせてくれたり、体験入居用の特別な部屋を用意しているケースもあるので、実際に体験してみましょう。 高い費用を払って引っ越しをしてから、やっぱり違うと思っても退去費用や手間がかかるので、事前の確認がとても大切になります。

サ高住体験入居のチェックポイント

チェックポイントとして、まずは居室内の設備と共用設備、併設施設を見て回りましょう。 ご自身が満足する環境か確かめる必要があります。 食事が提供される場合には、味や内容に納得いくかを確認しましょう。 何よりチェックしたいのは職員の配置や態度、サービスです。 サ高住でどこまでサービスを提供してくれるのか、どんな資格を持ったスタッフが常駐しているのか、夜間に対応する人はいるのかをしっかり確認してください。 身の回りにいるスタッフとの相性や信頼度は、とても重要な要素になります。


  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop