バリアフリー法について

バリアフリー法とは

サ高住におけるバリアフリー法についてのイラスト 高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー法)とは、旧ハートビル法の代わりにできた法律であり、高齢者や障害の有無に関係なく全ての人がどこにでも自由に行き来して、公共の建物を利用できるようにするためのものです。建物などの利用のしやすさに関しては、地域の実情に応じて地方公共団体が適切な措置を行うことになります。高齢者などが主に利用することとなる老人ホームや高齢者のための住宅などは、特別特定建物として新築、増改築で一定の基準が設けられています。サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)もこれに応じて一定の基準を満たす建物に関してはバリアフリー法が適用されます。

サ高住はバリアフリー構造が建物の基準

サ高住では高齢者住まい法が制定されてその中で明記されている建物の基準を満たさなければサ高住として登録することができません。登録基準によってバリアフリー構造が建物の基準として求められています。利用者一戸あたりの床面積の基準も定められております。そして多くのサ高住ではその基準と採算を考えるとバリアフリー法の2000㎡という床面積の基準もクリアするものも少なくないでしょう。
また、都道府県知事が策定する高齢者居住安定確保計画によって独自に基準を設けている地域もあります。より円滑な生活の確保を求めて設備面の充実度を強化する事や、地域性を鑑みてサ高住の建物充実のために基準を緩和することもできます。また、補助金申請の基準もそれぞれに設けられていて、高齢者住まい法による基準を上回る設備を求められることもあります。

lpinto

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop