サ高住の営業方法と営業戦略

サ高住の営業戦略としては他の施設との差別化を

サ高住の営業方法と営業戦略についてのイラスト サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を運営する際には、施設を立てる地域に対するリサーチが必要です。営業戦略を立てる際には、高齢者の割合、年齢、世帯数はもちろん、どのような施設が求められているのか、という点を把握したうえで、施設のサービス内容、設備、賃料などについて検討しなければなりません。営業方法として土地の選択は重要なことです。都心に建設する際には、坪単価も高くなり、賃料も高くなる傾向にあります。 それでは入居者が集まらないという可能性もあります。サ高住は交通の利便性はあまり必要ないため、自然の豊かな土地でのんびり暮らせるという施設も人気を集めています。また、賃料を安くするのはいいのですが、それでは運営が続かないということもあります。それは、施設の質の向上を目指すことで、賃料を上げることも可能です。他の施設との差別化を図り、人気を集めるというのも営業戦略の一つでしょう。

サ高住の営業方法

ニーズにあった施設をつくったら、営業方法として、今度はそれを知ってもらう必要があります。サ高住と言う物に対する認知度はまだ高いとは言えず、どういったものかを詳しく知ってもらう必要があります。しかし、不動産業者によってはサ高住について詳しく知らない不動産業者も少なくありません。不動産業者任せにしていては、入居者の注目を集めることができない可能性もあります。
情報を提供する方法の一つが新聞や折り込みチラシです。高齢者の情報収取の手段として多いのが新聞や折り込みチラシだからです。そういった手段のほか、やはりインターネットでの情報提供は欠かせません。住居を探すのは高齢者だけではなく、その子どもたちである場合も多く、その際に利用するのはインターネットです。検索性に優れ、希望の住居を効率的に探すことができるネットへの情報は重要です。検索にヒットするためには、施設の特徴を分かりやすく紹介することです。そのためにも、多施設との差別化も必要となってきます。現在ではサ高住の建設は増えています。その中で選ばれる施設をつくるには、他にない自分の施設の特徴をつくり、その魅力を打ち出すことが大切です。

lpinto

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop