サ高住での不動産投資について

サ高住は行政からの資金支援も充実

サ高住での不動産投資についてのイラスト サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、近年不動産投資としての価値も取り沙汰されており、投資物件としてメリットの高いものとされてきました。高齢化社会においてサ高住の魅力は大きいものですが、実際にはデメリットもあり、実際にサ高住経営を行うにあたっては慎重に見極めなければいけません。サ高住の良さは、高齢者の介護度と介護施設の隙間を埋める新しいシェアであるという点です。介護度の低い元気な高齢者も独居やバリアフリーのない自宅での生活に不安を感じています。しかし、施設の入居はまだ必要ではなく、価格も高額となるために、こうした元気な高齢者に適した住まいは少なかったのです。また、その需要によって行政からの資金の支援も充実しています。

サ高住を不動産投資する際は経営計画が重要

反対にデメリットとしては、サ高住の知名度はまだまだ低く、高齢者への情報が不足しており、サ高住に抵抗を感じる人が多い点があります。また、今後増えていくサ高住の中で勝ち残っていくためには、他の住宅との差異化を考える必要もあります。サ高住の経営には多くのスタッフも必要となる点から、空室リスクは一般のアパート・マンションよりも高くなる可能性も考えられます。また、建設に当たっては高い基準を満たす必要があり、建設費用が高くなります。こうしたリスクを回避する経営には、しっかりとした高齢者住宅や介護サービスなどの知識と経営計画が必要となります。

lpinto

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop