サ高住と国土交通省の関係について

サ高住は国土交通省の制度に厚生労働省の福祉を

サ高住と国土交通省の関係についてのイラスト サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は国土交通省の制度に厚生労働省の福祉の考え方が含まれた両省の共同の考え方で成り立っています。国土交通省は、国土の整備や都市計画などを行っているところであり、高齢者の住みやすい住宅と地域づくりという立場から、サ高住の制度が出来ました。そのため、サ高住では建物だけでなく地域を包括した高齢者の暮らしの向上が目的となっています。国土交通省の制度に厚生労働省が加わることで、介護サービスのサ高住での取り扱いが整備されて、住宅という面と介護福祉の面を持つ柔軟性のある高齢者住宅となっています。

国土交通省の基準により高齢者が住みよい住居に

国土交通省の建物の基準によって、サ高住は従来の厚生労働省の介護施設の考え方よりも充実した設備と広い居住スペースで利用者自身の生活にゆとりと自主性ができています。厚生労働省の施設の基準よりも広い居住スペースを基準として設けることで、快適な住まいとなっています。バリアフリー構造で、高齢者が居室内で安全に暮らすことにも配慮されています。また、周囲の環境整備によって、地域での医療や介護福祉サービスを可能として、地域での暮らしやすさを目指しています。国土交通省ではこうした高齢者向け住居を増やすことは高齢化社会において優良な住宅の供給のために非常に有意義なことと考えられています。

lpinto

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop