固定資産税の軽減措置

介護は施設から在宅・地域へがスローガンとなっている

サービス付き高齢者向け住宅の固定資産税の軽減措置についてのイラスト 日本では超高齢化社会へと突入し、高齢者の暮らしをいかにサポートするかが重要な問題となっています。 生涯単身で暮らしてきた方や、配偶者に先立たれて単身になった方、核家族化の影響などで子供世帯と同居ができず、高齢者のみの世帯が増えており、歳を重ねても安心して暮らしていける環境の確保が待たれます。 孤独死などが社会問題化する一方、医療費や介護費用の財政問題から介護は施設から在宅・地域へがスローガンとなっており、在宅のスタイルをとりながらも、高齢者の安否確認や生活支援サービスができるサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に注目が注がれています。

サ高住における固定資産税の軽減措置

しかしながら、サ高住を運営するにあたっては必要な入居スペースの確保、土地の確保などで固定資産税を負担する必要があります。 固定資産税とは毎年1月1日現在において、土地、家屋、償却資産を所有している人がその固定資産の価格をもとに算定された税額をその固定資産の所在する市町村に納める税金です。 そこで、前述のように国としてはサ高住を増やしたい狙いもあり、新たにサ高住を建設する場合には固定資産税の軽減措置を設けています。 平成29年3月31日までに取得した建物であることなど、期間限定の措置ではありますが、かなりの税負担が軽減されます。 建物の敷地の固定資産税は200m2まで課税標準が6分の1に減額され、都市計画税についても課税標準が3分の1に減額されます。 なお、新築前の土地が青空駐車場であった場合、固定資産税・都市計画税の合計額が約5分の1まで軽減されます。

固定資産税の軽減措置

 
固定資産税の軽減措置についての内容を表で詳しく解説。

lpinto

  • 入居までの流れ

    サ高住とは?

    入居にかかる費用
    入居条件について
    有料老人ホームとの違い
    生活支援サービスについて
    介護サービスについて
    メリットとデメリット

    入居祝い金

    スマホの方はこちら

    施設掲載ご希望の方はこちら


    pagetop